読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

131017

図書館で借りた本

今日は、二つの図書館へ。
返却しなきゃならない本があったので。

あ、借りたことを記録していなかった。
シャーロットのおくりもの みにくいガチョウの子 (せかいのどうわシリーズ)
これらはD図書館

そして、そのあとK図書館へ。
ふしぎな木の実の料理法 (こそあどの森の物語 1) 
クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) クローディアの秘密・ほんとうはひとつの話 (カニグズバーグ作品集 1)
を返却。
そして、K図書館でしばらく本を探す。

借りた本。
ケイゾウさんは四月がきらいです。 (福音館創作童話シリーズ) 
これ、絶対好きだと思う。もちろん、自分が。

ふしぎな八つのおとぎばなし
エイキン、大好き!
でも、まだ読んでいない新しめの本。

少年たんていブラウン (1)
ギャーなつかしい!少年たんていブラウン!
しかも、ハードカバー!!
小学校の図書室に7巻まであって、
四・五年生にかけて読んだなぁ。
それから、ルパンに移っていくんだが…。

しかし、ブラウンを借りたことは覚えているけど、
どういう内容か覚えていない。
挿絵はしっかり覚えていて、
偕成社文庫を見つけた時に、
あ、これ知ってるな…とは思ったんだが。
今日借りた本も、実際自分が子どもの時とは、
装丁が違うように思う。
絵は同じなんだけど。
全10巻になっていた。
そして、この訳をした花輪かんじさんの名前を
うっすら覚えていたのがびっくりだ。
楽しく読みませう。

小学校4・5年は、結構いい時代だったなぁ。
しかし、小学校6年生になると、
思い出したくないことが多々あるのであった。
だから、時々手が伸びるポプラ社
怪盗ルパンシリーズの手をひっこめる。
いっしょに何か、思い出したらヤダ。