読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

テン君のショーの告知

デニス・テン君は2009年スケートカナダ以来、
注目しているスケーターである。
その前シーズンの世界選手権で既に
シニアでおおっ?!という演技をしているのであるが、
なにせ、その2009年の世界選手権は、
高橋君がシーズン通してお休み中で、
私の頭の中は、トマーシュに世界選手権のメダルを!!
だったので、テン君の演技は
スケートカナダ後に見つけてみたのであった。
バンクーバーでも ♪SING SING SING♪でわかせてくれたねぇ。
あの頃はまだ17歳だったのだなぁ。

昨年世界選手権銀メダル、
今年ソチオリンピック銅メダルを獲得した。
演技、特に私は彼のステップが好きだ。

そのテン君のアイスショーDenis Ten and friends”が
彼の母国カザフスタンで行われることは先日書いた通り。
昨年は、確かトマーシュが出演していたなぁ。

今年のポスターのかわいらしい事。
(かわいらしいと言っては失礼かもしれないが、
もう、笑顔がねぇ…試合の時とは違うんだなぁ)
そして、このショーの告知記事にですな、
選手の紹介があるのだが、
高橋大輔くんの所を見ると、

Призер Олимпийских Игр, чемпион мира и просто один из ярчайших представителей ФК - Дайске Такахаши

って書いてある。これをグーグルさんで翻訳してもらうと、
「オリンピックメダリスト、世界チャンピオンとFCの最も明るいの代表のひとつ - 高橋大輔
となる。
FCとはなんだろなぁ。
まぁ、なんとなくの意味を想像しつつ、
このように紹介してあるのは、とても嬉しい。
メダリスト、チャンピオンだけでない紹介…。
うんうん、なんかわかるような気がするよ。

今朝、早くに、久しぶりにNHK杯のEXマンボを見て、
高橋君にはじめてひきこまれたトリノ五輪の頃も
好きだったけれど、怪我後のスケーティングも
ホントいいねぇ〜って他の演技も見てしまった。
確か、2007年のNHK杯の豊の部屋で、
樋口先生のスケーティングを見て、
今のバタバタしているステップと違って云々
というようなことをコメントしていたが、
バタバタしていないスケーティングで魅せてくれる
スケーターの一人だと思っている。
あれだけ早くステップを刻めるのに…だ。
流れる美しいスケーティングはもともと出来る選手だった
と思うのだが(シークレットガーデンとか見ても…)
道化師やビートルズメドレーのコレオステップは、
これぞ高橋の真骨頂!と私は思う。

楽しそうなアイスショーなので、
高橋君が観客の気持ちを動かし、さらに、
一緒に出演するスケーターたちに刺激を貰って、
自分の道を開く鍵でも見つけてくれたら
いいなぁと思っている。