読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

この上…

何度も見返したい。
重盛が父・清盛に問いかけるシーン。
問いかけというより、意見と言った方がいいか。
「この上何が欠けていると仰せになりますか?」
この表情がいいな。

第43回「忠と孝のはざまで」と第44回「そこからの眺め」は、
やり切れない気持ちになるけれども、
繰り返し見たいシーンが続く。

ちまちま見続け、あと5回分。
大河ドラマって、いつの間にこんなに登場人物が
物凄い人数になったのだろう?
感情移入しそうな人がいっぱいいて、
これは、とても見るのに神経を使う。
読書のとき、登場人物が多過ぎと思った時と
同じような気持ちがしている。

重盛って人は、なんて父親に似てないんだ。
そして、あの真面目さのために、短命だったような気がする。
だんだん齢とって、だんだん痩せていって、
心労と言えども、42才であれは、哀しい。

とにかく、いろんな人が出てきて、目まぐるしくもあり、
最近の大河ドラマはこうなんだな、と思う。

福岡人なので、『軍師官兵衛』は見ようと見始めた1月、
結局5回目まで見て、それから見なくなった。
やっぱり、こう、目まぐるしいのである。
折角50回もあるのに、どうしてこう、話が次から次へ
展開していくのだろうか。
もっと、ゆっくりお願いしたい。

窪田くんが静かに涙するシーンと
号泣というか、泣きわめく場面とあるが、
個人的には静かに泣く方が好きであるなぁと思う。

NHK大河ドラマと言えば、私の心に残っているのは、
黄金の日日』だなぁ。
※なんとレンタルDVDがあるのか〜!?見たい!