読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

バイクが好きだ!が好きだ!キャンペーン続行中

百変化観察

昨日、楽しみにしていたST初回。
なかなか面白かった。
一日経って、子どもたちにも見せたら、
今回は娘がはまった。
1年前のスペシャルの方が見たい!と言っている。

待ちに待った今回の放送。
窪田くん目当てで…と娘には初めに言っておいたのだが、
よく解っていない娘は、どこに出ていたのよ?と…。
あんたが、カッケー!と言っていた黒崎さんがその人だ!

恐らく、そうだろうなとは思っていたが、
「これは…」
だけしか、声が聞こえない。
スペシャル同様、セリフが一つ。
山吹さんに耳打ちは何度かしているのだが。
あの声が好きな私にとっては、かなり残念なことだ。
原作本では、もう少し話をしていたと思うが。

しっかし、かっこよかったなぁ、黒崎さん。
水ぶっかけられても、ちゃんと死んでた。
青山さんが、白さんに説教されて、秩序云々言われたとき、
山吹さんとアイコンタクトするところなんか、まぁ〜、素敵!

いやいや、なんといっても、赤さんと白さんを助けに
登場するシーンかな。
バ、バイク?!まさかの、バイク?!嬉しい!バイク!
さすが、Hondaのバイクが好きだ!の人だ。
しかし、バイクが好きだ!の窪田くんとは、
またがらりと変わって…はぁ、いいっすねぇ〜。
格闘シーンもいい!とっても、いい!!
黒永勇人とは、ちょっと違って、
落ち着いた武道家になってて、いいなぁ。
(興奮冷めやらず)

そこで、うちの高1男子に、
「ほうら、ケイタが6年経って、こんなに立派に戦ってるよ」
と言ったら、ほけーっと見ていた。
「つ、つえ〜〜〜」

ということで、一旦熱を冷まして、
原作を読んだ後でドラマを見た感想をちょっと。

まぁ、原作とはちょっと、人物像が違っていたりする。
原作はここまでテンポが速くないイメージ。
しかし、重い感じの本ではないので、
違和感が全くないというと、偽りになるが、
気にせず見れちゃう感じである。
私は3作しか読んでおらず、しかも、
スペシャルを見てからのドラマ視聴だったので、
逆に、本に違和感を感じた部分もあった。
青さんは、原作では男だし…
赤さんは、もっと、渋いダンディーな男性みたいだし、
黒さんも、原作では、もうちょっと年上な気がする。
それに、風貌が文章で書きあらわされている野武士のような、
というのは、テレビの黒さんには感じない。
髪を伸ばして、後ろで結んでみたらどうだ?
などと感じないことはないが、やっぱり先にTVを見たので、
本を読むときに、そっちに転換してしまっていたかも。

しかし、シリーズをずっと読んできたファンには、
今回のドラマはうーむ…かもしれない。
本のストーリーが、半分も残されていないように思っても、
仕方がないかもしれない。
話の筋も、あれこれ変わっている部分がある。
なんとかいう、海外のドラマのパクリだという意見も
あるそうだが、原作も知らず、そのドラマのことも知らず、
のほうが、より楽しめるかも。
翠さんが一番、原作通りかしら…と思ったが、どうだろう?

ドラマでは、意外に白さんが面白かった。
応援したい気持ちになってしまう。
赤さんは、やっぱり、私がいつも感じる藤原さんだった。
ちょっと、あの長台詞が、何言ってるのかわからない時があるのが、聞いていて辛い。
とくに、事件のことについて喋っている時は。
早口は、重要なんだろうなぁ、あのテンポを生かすには。

黒さんの怒涛のセリフ回しを聞いてみたい気もするが、
赤さん、青さんのしゃべり倒しを聞いていると、
一人喋らない人がいるのもなかなかいいもんだ、と思う。

ひとつだけ、そうなのか?いいのかそれで?と思ったこと。
捜査会議にて、ホワイトボードを反転させて、山吹さんは
「化学式」といったが、あれは、化学式じゃなかろう?
バンっ!とホワイトボードを叩いた黒さんと、山吹さんに、
それは、数式ではないのですか?と、心の中で突っ込んだ。
私の無知ならば、謝る。
(赤さんとは違うので、すぐ謝るの私)

いろいろ書いたが、来週も楽しみだ。
来週も黒さんのバイクのシーンあるかなぁ?
今週は山吹さんの読経もなかったからなぁ。

彼らの居場所…白さんが言った居場所。
そこんとこが、ちょっと気になるなぁ。

また、支離滅裂な文章になってしまった。
とにかく、この番組とHEROは、録画している。