読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

2か月と10日

はぁ〜〜〜熱が醒めませぬなぁ。

おはなし会を受け持つとか、
読書リーダー指導とか、そういうことをやりつつ、
窪田くんの作品を追うのは、時間が足りぬ。
気持ちの切り替えっていうのは難しいが、それは大切だ。
昨日も中学校へ図書委員さんに読み聞かせを教えに行った。
今月も、沢山受け持っているおはなし会はあるし、
もちろん、仕事もあるし…そろそろ熱、落ち着け。

とはいえ…興味が湧いてから2か月半ほど経った。
まぁ〜いろいろ観たわ〜。
睡眠不足にも負けず(笑)

ラッキーだったのは、興味持ってからも、
連続ドラマを観ることができているってところ。
昔のやら新しいのやらおりまぜて、
いろいろ見ることができて、新しい本へも手が伸びて、
まぁ、濃い2か月ちょっとであった。
その間に始まったSTがまた…
なんか、ゲラゲラ笑って見てしまうドラマで、
後を引っ張るシリアス物ではないから、
気楽に楽しめちゃうのが、いいね。
願わくば、10時からではなく、8時9時くらいで
いいんじゃないかしらと思うのだが?

で、今日は、唐突に…いや、ずっといろいろ考えていたのだが、
これまで見た窪田くんが演じた役処の中で
私的にめちゃくちゃヒットしたのは何か。
5本の指に入るものを上げてみようと思う。
(書いていて、すでに、5本で収まるか?と不安だが)
順番は、置いといて。

役者さんが演じる役には、大まかに分けて二通りあると思う。
これは、私の勝手な分類だが、
キャラクターの特徴が際立った役と、普通の人の役と。

例えば、前者は窪田くんが演じた役の中では、
翔ちゃんとか、黒永勇人、椎名みたいな人。
捨蔵もジャンゴジャンゴもアキラくんも金子君もここかな。
黒崎さんはもちろんここ。

後者は、それ以外の普通の人なのだけれど、
その普通の人だけれども、境遇とかが普通じゃない人の役が
窪田くんは多いように思う。
普通のふつーの人というのは、私の中では、朝市。倉田さん。
矢野君や、初島君、光も、どちらかというと、ここに入る。
私の中では心也もここか。

普通の人だけど、巻き込まれちゃった役で
ケイタ、誠、章、林田健、五十嵐先生あたり。

普通の人だけど、なんか不運な境遇にいる役で、
重盛、洋平、健一、庄次郎、良太。
剣心に滅多切りされちゃう明良も、ここ。

これは、勝手な個人の好みであるが、
どうも、普通の人だけど、不運な境遇にいる役の窪田くんが
なぜだかとても好きである。
もちろん、他の役もあれこれ外せないと思うものは沢山あるが。

めちゃくちゃヒットしたベスト5なんて、
はなっから選べないことは分かっているのに、
なんでベスト5なんか…

役処とか、キャラとか、作品全体の中での位置とか、いろいろ思うと、
私のツボにはまったものは、
ケイタ、翔ちゃん、福田良太、葉山洋平、矢野君かなぁと思う。
あーやっぱり、どれもこれもいいじゃん、になりそうだ。
その作品自体を何度も繰り返して見たくなるような。
まだ、途中だけど、黒崎さんのSTは、見るのが愉しいので、
ここに入ってきそうだと思う。
(しかし、映画化されるのはなんとなく、映画化よりスペシャルで
やって欲しかった…と思わなくもない)

実は、犯人役をしている窪田くんも好きだ。
野呂優人や山之内信吾、美濃部慧太みたいな役。
椎名高弘や井波孝のような、クズ!と言いたくなる役も。

作品全体を見返すか?ウ〜ンだなぁって言うのもあって、
だけど、窪田くんが演じている役はいいなぁと思うのもある。
光とか、重盛とか、朝市もそう。
五十嵐先生とか、すごく人間味があっていいんだけど、
やっぱりあの遭難事件は、ちょっと繰り返し見たくはない。

まぁ、これから先もいろんな役を演じられるだろうが、
私にとってはケイタと翔ちゃん、福田良太は外せない。
だれかにおすすめの窪田くんは?と訊かれたら、
やっぱりこの三つは外せないと思う。

そうだ。おすすめと訊かれたら、
椎名高弘は見て欲しいというような気がする。
(自分が何度も見たので)
それから、メイキングの矢野っちの青空。
ちなみに、ドラマ自体はあまり好きになれなかったけれども、
桐畑光は、なんか良かったなぁ。

あ、STが始まる!!
結論出ないまま、観察はまだまだ続くのである。