読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

やっと水曜日

水曜日、ようやっと水曜日になった…。
あっという間に終わるようで、一週間の長い事よ。
頑張って仕事してこよう。
そしたら、STが楽しめる。

今日も、バイクは出てこんだろうなぁ。

バイクと言えば…最近やってる映画の話。
ホットロードって、あの、ホットロードなんだ…
紡たくの、ホットロードなのね…
私の浪人生活とかぶっている別マの連載漫画…
好きだったなぁ、あの少女漫画っぽくない絵が。
バイクは憧れであった。
中型免許欲しいと思っていたが、貧乏学生だったので
諦めて、大学の友達のバイクの後ろに乗せてもらってた。
そういや、バイト仲間もバイク、多かったなぁ。
あれらは、250㏄だったろうか。

なぜに、今になって映画化するんだろう…?
時代設定は…27年前?
私が学生だった27年ほど前は、バイクも
暴走族も、めっちゃ走ってたような気がするが、
最近、バイクって、昔ほど走っていないような。
暴走族って、まだ存在しているのかな?

あの原作漫画の和希や春山知ってる人で、
映画を観た人は、
キャスティングはどうだったろう?

漫画は、そのまま顔や表情が描かれるから、
それにマッチした俳優陣をというのは、
難しいかもしれない。
和希をあまちゃんが、とわかった時点で
おぉ…なんか、違うわい…と思ってしまった。
春山役の人を、私は知らないので、
なんとも言えないのだが、
私の中では、春山は、あまり男臭くない人だ。

何が言いたいかっていうと、
今更映画化するんだったら、
当時の読者を黙らせるキャスティング
お願いしたかったってことと、
春山役、窪田くんにやらせたら、
結構良かったんじゃなかろうかってこと。
勇人ほどヤンキーにならずに、
繊細なとこ見せてもらって…
毛ガニで食中毒になってもらって…
(ここのシーンって、なんか妙に残っている)
今が、ぎりぎりの年齢のように思う。
春山って、まだ、10代じゃなかったか?
たしか、和希、中学生だったはず。

やっぱり、映画化なんて、必要なかろう。
なんで今更…なのである。
だから、春山を窪田くんで…なんてのも、
26歳の窪田くんには、ちょいと無理な話か。
(映画の春山の人が27歳ってのを知って、
ふざけんな!と思ってしまったのでね)
あの人たちが、10代ってのが、良かったんだよ。
モラトリアム真っ最中だから成り立つんだよ。
25も過ぎたら、モラトリアムも何も終わってて、
まだ猶予期間なの?って呆れちゃうでしょ。

しかし、なんとなく傷ついたふうな
捻くれた(捻くれ切れていない)春山の表情を、
窪田くんは、やってくれるんじゃないかと、
ちょっぴり思った。

STで、シゲに突き飛ばされた後、
白さんに「いいんですか?」って心配されたときの、
あのちょっと、心折れかかっています的な
力の抜け加減が、私的ツボであった。
言葉がなくても、なんか気持ちが揺さぶられる。
翔ちゃんや福田君も、そういう役だ。
前向きでイケイケでないのに、
心持って行かれちゃう役。
でも、春山は、やはり10代なのだ。
あまり、大人っぽくなりすぎては別人になる。

あー、残念だぁ。(赤城さん濁点付きセリフ)

仕事行ってこ!