読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

やっぱり読みたい

「生命力」の行方――変わりゆく世界と分人主義

平野啓一郎氏の本はやっぱり、読みたいと思わせる。

今まで、感じなかったことだけれど、
先日読んだ『透明な迷宮』の中の数編は、
「あれ?読後感が村上春樹だ」
と思ったものがあったのだ。

平野啓一郎氏のエッセイ&対談集
凄く愉しく考えさせられる本の予感。
でも、高いんだよなぁ。
このお値段なのに、ソフトカバーなのだよ。
高いけど、読みたい。
村上春樹の『雑文集』と並べたい。