読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

清々し過ぎる

高橋大輔、引退かぁーーっ!
やっぱりそうかぁ。

でも、心のどっかで、本当にきっぱり辞められるのか?
スケートから2,3歩離れて、
本当に、平気なのか?
って…思ってしまう。

2005年から応援してきたが、
今日の朝のニュースは、2008年膝の怪我のニュースに、
頭の中が真っ白になったときとは、ちょっと違った。
どちらかというと、バンクーバーの道で、
四回転で、転倒した時のような真っ白さ。

本田さんが、「でも、これからです」って言ってくれて、
そうだそうだ、これからだ!と思って、
手を握りしめてテレビを見つめたことを思い出した。

大ちゃん、まだ、スケートを完璧には辞めないだろうから、
お疲れ様とは言わないよん。
トマーシュみたいに、ジャパンオープンもいいし、
アイスショーとか、コーチとか振付師とか、
解説者もいいし、リポーターとかも。
でも、やっぱり、氷の上で踊っているのが、
郄橋大輔らしいんじゃないかしらん。

それにしても、今日の会見の清々しさよ。
晴れやかな気持ちで、そっか、退くかぁって
こっちも涙流しながらだけど、笑顔でいられたな。

NHKで、刈屋さんが話してくれたエピソードも良かったし、
さすが、ずっと追っかけてくれた解説員って感じだった。
ミヤネ屋で、バンクーバーの道がノーカットで流れて
びっくりしたなぁ。
あとは、西岡さんがどういうことを語ってくれるか
気になるところである。
2008年の四大陸で、ぶっちぎりの優勝だった時、
インタビュアーの西岡さんが、大ちゃんより
めちゃくちゃ興奮してたのを思い出す。
バンクーバーの実況もね。

あぁ…でも、やっぱり、寂しいねぇ。
一度も、競技を生観戦できなかったねぇ。
それが、残念だぁ。

九州でアイスショーがあったら、ぜひ、行きたい。
素晴らしい高橋大輔というスケーターの演技を、
たった一回っていうのも、哀しいじゃない。

やっと、私の気持ちも区切りが付けたので、
DVD『高橋大輔』を開けることができそうだ。

思えば、8年かぁ。
大ちゃんが一区切りつけた競技人生。
私もあと数日で、今の仕事に一区切りつけ、
新しい職場を求めてスタートするんだけど、
彼には、一度、現役復帰という選択も出来るってことを
ちょっぴり楽しみにしておこう。
大ちゃんが怪我をしたときに、回復祈願で
甘いもの断ちをしたけれど、
今回も、現役復帰祈願で、毎日スクワットでもするかな。

本当に、いい選手だったねぇ。
(ランビさんみたいに、戻ってきてくれたらいいねぇ)
お疲れ様はまだ言わないけれど、ありがとうと、
感謝の気持ちだけは伝えたいなぁ。