読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

141015

今日は、行きつけの図書館に行ったのだが、
そこではおはなし会のみ。
いったん自宅に帰り、今日から後期が始まった下の子に
昼ごはんを作った後、買い物がてら、お隣の市民図書館へ。

なぜなら、そこにあれが入ったのを、
ネットの検索で見つけたからである。
あれとは、これ↓
「生命力」の行方――変わりゆく世界と分人主義
やったぁ!!
新刊棚にちゃんと面にしてあったぁ!!
実は、台風の前日にもう見つけていたのだが、
今日まで借りに行けず、もう、借りられているかも…
と、ドキドキしながら行ったのであった。
私の行きつけの市民図書館は、リクエストしたが、
まだ入って来ない。
ここでは、平野啓一郎氏の新刊がすぐに入ってくることがなく、
何度リクエストしたことか…。
っていうか、私の払った市民税は図書館の本購入に
使われているなぁと、思っている。
なかなか入れてくれないが、
リクエストしたら、購入もしくは近隣の図書館から
回ってくるようなシステムになっている。

お隣の市民図書館は、結構早くに平野氏の新刊が入る。
こういう、図書館の新刊購入は、一体どなたが決めるのか?
図書館員さんの中に、平野氏好きがいるのか?

私にとっては、平野啓一郎氏は、日本の現在(いま)を
考えさせてくれる、大切な作家だと思うのだが、
世の中はそういう認識ではないのかなぁと
ここ数日、書店を回ってこの本に巡り会えなかったので
がっかりした次第だ。
もちろん、J堂さんとか、M善さんとか、K國屋さんあたりは
在庫があるのは知っているのだが、
近くのT屋さんやLロさんなんかには、『生命力の行方』どころか、
平野氏の本が一冊もないのである。
泣けるではないの。

東野圭吾も面白かろうが、平野啓一郎いいよ〜って、
本屋さんで大きな声を挙げたい気分だった。

今日、お隣の市民図書館で、
「生命力」の行方――変わりゆく世界と分人主義虫のいどころ 人のいどころ
の二冊をささっと手に取って、2分もかからず図書館を出た。

はぁ…なんか、いいなぁ。読書の秋。