読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

ウシジマくん2

DVD借りて見た。
闇金ウシジマくんPart2』
えらく、ムカムカする映画だった。
なんだろなぁ。

しかし、まぁ、内容はムカムカして当たり前か。
ただ、俳優さんって、凄いなぁと思ったのが、何人も。

ウシジマくんやってる山田孝之さんは、
このまえ、スマスマに出ているのを見た時に、
あ、こんな風に話す人なんだと思ったが、
ウシジマくんって、表情が全く変わらなくて、
非情っぽくて、なんか怖いというか、不気味っていうか…
上手いなぁとは思うが、山田孝之さんには
にこにこの役をやって欲しかったりする。

暴走族の頭をやってる中尾明慶君は、
私は金八先生の生徒の時の、人のよさそうな男子の
イメージしか残っておらず、
へぇ、こんな役もやるんだねぇと。
もう、どうしようもない人だけど、
憎めないというか、でも、救いようがないねぇと
呆れるというか…哀しい人だった。

ストーカー役の、柳楽優弥くん。
ガリレオのスピンオフで、若手刑事役をやったのを
見た時に、凄く久々な気がしたのだけど、
子役で出てから10年かぁ。まだ24歳なのかぁ。
気持ちの悪さが、うまいよなぁと思う。
それにしても、まぁ、気持ちが悪いわぁ。

彩香役の門脇麦ちゃん、
この子は最近、よく出ているようなのだが、私は初めて見た。
(気づいていないだけかもしれないが)
これは、役がいやだったなぁ。
初めは、すごく、頑張れ!と思って見ていたけど、
だんだん気持ちが離れて行った。
彼女こそ、救いようがないというか…
まだ、高校生の年なんだよなぁ〜
もう…誰か助けてやってよ、と思うけど、
しかし、450万ってそんな簡単に…
あたりから、もう、気持ちがブチッて。

そんでもって、目当てに見たはずの窪田くん。
くっそぉ…窪田くんが云々ではなく、
この、演じているホスト神咲麗が、もう、ほんとやだやだ!
ホストの世界って、こんなのが普通なのかね?
縁がないからわからないが、何なの、一体…。
彩香のおかげでNO1になったのに、それでいいのか?おい!
と思ったとたんに、柳楽君にやられたよ…。
それを見て、「ばちが当たったんだよ」と思ってしまったよ。
そんでもって、焼き焼きのシーンでは、
母ちゃんが死んだ時点で、プッツンきたのだろうけど、
まぁ、ちょっと遅かったが、やり直せてよかったと思わにゃ!
と思いつつも、彩香のことは?どうすんの?
フラレタ?それで、済ますんかい!
泣いたってゆるしまへんで!
と…最後まで、苛ついてしまった。
くっそぉ!人の人生台無しにする役で、ほんとやな奴だった〜。
根が、腐りきってないから余計、悔しく感じるなぁ。
で、いつも以上に、窪田くんと思わずに見ちゃった。

見終わった後に思ったことが二つ。
この映画の世界、苦手だわぁ〜ってことと、
神咲麗の役、窪田くんじゃなくても良かったんじゃ?ってこと。
いろんな役をやれるっていうのは凄いし、
麗をほんとにやな奴だと思って見ることができたのは、
窪田くんの演技力なのだろうけどねぇ。
まぁ、ぼこぼこにやられちゃって
ホストから足を洗って、っていうところ辺りは、
こっちも「いい気味だ」なんて荒れた気持ちで
見ていたから、細かい所を見る気になれず…
決して、映画の作りが雑だというわけじゃないのだろうが、
私には、お金で人生狂ってく人が沢山出てきて、
もう、それだけで、勘弁してくれ〜と思う。

映画じゃなくて、いいよね、これ…というか、
これって、TVでやってたのねってことに、
初めて気づいたのであった。
こういう作りじゃないと、飽きていくのだろうか。
あれこれ、問題が起きてきて、それをささっとまとめちゃう
って感じの映画の作りに、なんか、ため息。
私の感覚がおかしいのか、それとも、
映画というのは、TVドラマの延長でしかないのか。
ドラマの何話分かを、がーっと詰め込んだ感じの映画で、
そこが、ちょっと雑に思えるのだよなぁ。

もう一回見たら、違って見えるのだろうか?
大好きな窪田くんの声さえも、
喋っているのが麗で、イライラさせられた。
うん、そういう役も、やっぱり必要なんだよね。
いつもいい奴じゃ、俳優として物足りない。
それにしても、神咲麗…多分、繰り返し見ることはないだろう。
麗だけじゃないけど、ほんとムカムカしたわぁ。
生きてることに関してのメッセージは、
色々、受け取ることはあったのだけれども、
こういう形じゃないと、いけんの?と思う。
全く、憂鬱になる映画だったよ〜。