読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

心遣いが出来たと言えるのか?

今朝、出勤前に銀行による用事があったので、

駅を素通りして銀行へ向かった。

銀行の入り口で、一人のおばあさんに呼び止められた。

「駅の隣のスーパーは、もう、開いとるでしょうか?」と。

実際行ってみないと解らないが、たしか、10時からだったと

記憶していたので、定かではないが、とお答えしたら、

とても残念そうな顔。

わたしもはっきりとはわからないですけど…というと、

「銀行に行くついでに買い物もと思ったけど、早かったね。

ちょっと行ってみます」

と、駅の方へ向かって行かれた。

銀行での用事が済み、そのまま職場へ行くのに駅に向かうと、

先ほどのおばあさんが、立ちすくんでいらっしゃる。

奥には、スーパーへの入り口があるのだが、

シャッターがまだしまったまま。

オープンまで、40分程もある時間だった。

「開いてなかったんですね」

と声をかけると、はい、と元気なく答えられた。

その駅には、改札の中にしか椅子などない。

道路を渡ったところにあるバスセンターには、

ベンチが並んでいたよなぁと思い出し、

「あっちのバスセンターには椅子があるから、

腰かけて待たれたらいいですよ」

と言うと、ありがとうと、歩きだされた。

 

それから私は電車に乗って職場に向かったのだが、

あのバスセンターのベンチのある場所は、

午前中、ガンガン日が入ってくるんじゃなかったか…。

良かれと思って教えたつもりが、

今日のような日差しの強い日は、

お年寄りには辛かったかもしれぬ。

 

通勤時間でなかったら、その場所まで一緒に行けたんだけど…

と、いうのは、いいわけだなぁ。

心遣いとは程遠い、考えのない言動であった。

もう少し、機転の利く頭であればなぁ。

 

おばあちゃんが、無事に買い物を済ませて、

元気に家までたどり着いていたらいいなぁと、

涼しくなったベランダで考えた。

 

涼しくなったベランダには、あさ、バタバタ出かけたために

水も貰えず、しんなりと葉をしおれさせたふうせんかずらちゃんが。

あーあ、今日はなんだか、ごめんなさい、な日だったなぁ。

 

スーパームーンを拝み、明日も元気に

子どもたちに会いに行くぞ~♪