読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

仕事が休みなので、いろいろ思いめぐらす

ベランダ菜園

今日は、仕事がお休みである。

でも、出かけなきゃいけない用事がてんこもりである。

絶対に今日でなければいけないという用事は、二つしかないが、

出たついでにやってしまおう!と思う。

 

外出る前に、ベランダを眺めに行くと、

今日も元気に西洋朝顔が咲いている。

もう、ずいぶん咲いたし、葉っぱも枯れかかっているのに

毎日ほんとによく咲く。

ずーっと、青一色だったのが、矢印のところを見て見て!

f:id:yomyomtommy:20150929084536j:plain

 

この、元気な青の上に、もうすぐ開こうとしているこれ!

f:id:yomyomtommy:20150929084537j:plain

と、思ったら、別のとこに、立派に開いている斑入りがあった!

これぞ求めていた、西洋朝顔!これは種をしっかり取らねば!

もともと(昨年)は、濃い青よりも、斑入りとか、うっすーい水色が

多かったのである。

今年は真っ青ばっかりだなぁと思っていたら、2か月半以上経って、ようやく!

f:id:yomyomtommy:20150929084539j:plain

枯れかかっているのに、ゴーヤもまだ花が咲いている。

こうやって写真を見ると、葉っぱが枯れかかっているのがよく解る。

f:id:yomyomtommy:20150929084538j:plain

不思議な模様だなぁ。どうしてこんな風になるんだろう?

実は、種まきをして、二つしか出てこなかったのだが、

あまりにグリーンカーテンが透け透けだったので、

一か月後くらいにもう一度二つ種をまいたのだ。

たぶん、それかな?

蕾のようなものも確認できたので、

斑入りのアサガオがまだ咲きそうで、嬉しい。

 

ゼラニウムちゃんは、これまでで一番のまんまるさんがみごと。

色もしっかりピンクになって、良かった。

f:id:yomyomtommy:20150929084540j:plain

 

朝のうちは涼しくて、気持ちがいいからか、

これまでベランダでは見かけたことのない

大きな蜂が蜜を吸いに来るようになった。

でも、蜜蜂みたいなのではなくて、アシナガバチっぽいので、

洗濯物を干すときは気を付けなきゃと、気を付けている。

 

自分はアナフィラキシーショックはないと思うが、

私の父は、一度ならず二度までも蜂にやられて病院へ。

一度などは、丁度帰省していたときだったが、

生垣の剪定をしていたらしい父が、玄関からふらふら~と

上がってきて、居間にゆっくりと寝っ転がりながら、

力なく「救急車呼んで・・・」と言って、倒れてしまった。

「蜂にさされたとねっ?!」

間髪入れずにそう叫んだ母の声が、なんとなく慣れた感じがした。

すぐさま119に電話する母。

これはもしや、初めてじゃないんだな?と、思った。

「サイレンは、鳴らさんで来てください」

突っ込みどころが満載。

 

父はかなり血圧が下がったらしく、

救急車の隊員さんの声が、どんどん遠ざかっていったそうだ。

身重の妹が同乗していったのだが、父が後から話すには、

娘3人とも嫁に行き、それぞれ子どもも生まれるけん、

もういつお迎えが来てもいいかなぁ~と思ったそうである。

すぐに処置してもらったから、

病院に着いて間もなく血圧も正常に戻ったというが、

蜂に刺されてそんなことになると知らない人だったら、

きっと手遅れになっていただろう。あー恐ろしや。

 

その話を思い出すと、父の欲のなさに涙が出る思いがするが、

そのとき、妹のおなかにいた子はもう中2である。

まだまだ長生きしてほしいので、

実家から帰るときは、父に「蜂には気を付けとってよ」と声をかける。

 

暑い盛りよりも、ちょっと涼しくなったこの頃の蜂の方が、

母曰く、「性の悪か(しょうのわるか)」そうである。

みなさま、気を付けて。