読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

奇蹟の青

数日前、娘が急に帰ってきて、二泊して昨日戻って行った。

戻るときに、寒いので毛布が欲しいという。

買えば?と言ったけれど、自宅にある肌色ピンクの毛布を

持っていきたいというので、車に積んで、送って行くことに。

 

毛布の、縁どりの布を縫いつけている糸があちこちほつれていて、

布がベロンと外れているところもあり、

あんまりなので、粗く縫い付けた。

新しいのを買えばいいのに

その毛布は、私が一人暮らしを始めた時に、

母がもたせてくれたもので、

鹿児島→城南区中央区→タバコ屋の二階→市営団

と移り、そして、今のマンションへと私と一緒に今まで28年間も

生活してきた一枚だったから。

一生使ってやると思っていたのに、あっさり持っていかれた。

娘がひとり暮らしの間くらいは貸してやるか…。

 

車で送り娘を下ろして、Uターンしてきたら、娘が出てきていて、

「授業の前に市立美術館に行きたいけん、どっかバス停でおろして」

という。ちゃっかりしている。

前日、その特別展示

藤田美術館の至宝 国宝曜変天目茶碗』のことを、

大変興味深く説明してくれていたので、

博多駅まで送って行き、私は自宅へと帰った。

 

その藤田美術館所蔵品の展示が、どれだけ面白かったのか知らないが、

S氏が娘からLINEが入ったと教えてくれた。

「やべぇ美術展楽しすぎて遅刻しそうw」だそうな。

本当に、変わった子である。

でも、その曜変天目茶碗の奇蹟の青!には、

やっぱり、私も惹かれるのであった。

ポストカードがあったら、買ってきてねと頼んでおいたが、

あったともなかったとも言ってこない。

もちろん写真もとれないだろうし、

HPの写真を見ながら、実物の青は、どんな青なんだろうと

想像だけしている。

奇蹟の青!だもんなぁ…いい色してんだろうな。

青好きの気持ちをくすぐるわ~。