読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

米くい虫の事です

読書の記録

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51ZG9ACM2BL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg

 

福岡県生まれの福岡県育ち。

途中5年ほど外へ出たけれども、

就職も福岡、結婚してずーっと福岡。

筑紫ん国に住んでいる。

 

10年ほど前、この本と出会った。

この本の中から、『だんごどっこいしょ』を覚えた頃から、

「もっと熱心に、おはなしを語れるように学びたい」

と思い始めた。

 

今日は、かたりのお勉強会の日。

図書館に行くのに、いつもなら車のところを、

お天気もいいので、歩いていく。

歩きだと、かたりの練習しながら歩ける。

歩きながら語ると、息が上がったりして、

結構な、いい運動になる。

それに、おはなしに合わせて、歩くと、

そのおはなしのリズムっていうのがあることに気付く。

 

10年経った今、『ごんざ虫』を覚えている。

10年続けてきたからか、以前より少しは、

覚えるのが早くなったみたい。

欲張っちゃいかんよ、という自戒を込めて、

覚えているおはなし。

 

始めて、二つ並行しておはなしを覚えようとしたのだが、

一つのお話をじっくり覚えてから、

つぎのに移るべきだなぁと、反省したので…。

おはなしも、欲張っちゃいかんね。

 

今日、お勉強会で語ったとき、

思ったよりも、自分の中に入っているような気がした。

まだ、すらすらには、ほど遠いけれど。

帰りも、語りながら帰る。

やっぱり、ここ数日前と、ずいぶん違う。

心の中で、このおはなしのお気に入り度が、

急激に増したからか。

 

『ごんざ虫』って、米食い虫の事。

故郷のほうじゃ、ごんぞ虫と言っていたな…。

よくばりのごんぞうさんが、小さくなって、

米くい虫になるというおはなしである。

このおはなしの中に出てくる源吉さんが

優しくって、正直で、

こんな人と結婚したら、幸せになれるはず!と思う。

貧乏で構わないから。

きっと、じいちゃんの徳兵衛さんも、優しい真面目な人。

 

欲張っちゃいかんよ、っていう、教訓話である。

しかし、お話の中に、人間の実直さを讃える部分があって、

とても好きである。

大勢の子どもたちに聴いてもらえるように、

沢山沢山練習を重ねなければ!

 

この本、とってもお気に入り。

大好きな先生の本。

まだまだ、語りたいおはなしが沢山載っている。

福岡県の方は、ぜひ、お子さんに読んであげて。

大人でも楽しめること、間違いなし。

こういうおはなしを、おじいちゃんおばあちゃんたちにも

聞いてもらったら、きっと楽しいと思う。