読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

午後の山登りにて

いつもは、自宅から歩いていく天拝山登山だが、

昨日は、F氏の用事で出かけ13時までかかったので、

それからF氏を自宅マンションの近くで下し、

S氏と二人で車で天拝山下の駐車場まで。

 

13時15分に歩き始め、14時50分に下り着くという

楽ちん登山であった。

 

午前中登ることが多いのだが、

10月も半ばとなると、昼でもそんなに暑くはない。

山に登り始める前の、駐車場から登山口までは

暑かったけれど。

暑くないとはいえ、肉布団が厚くなっているので、

半袖で十分であった。

 

途中、結構小さな子もお父さんお母さんと登っていて、

身軽だから、どんどん先に行っちゃ于男の子がいたり、

山登りに慣れていないのか、ぐずってお父さんに

引っ張られている女の子がいたり…。

「こんにちは~」の挨拶が飛び交う登山。

気持ちがよかった。

 

急な山ではないので、かなりご高齢のかたも登っていらっしゃるし、

なかには、若い男女が仲良く手を繋いで登っていたりして、

でも、そういう人たちも「こんにちは~」と挨拶をしていく。

 

世のなかの世知辛さを忘れさせてくれるひとときだった。

 

公園のため池で、水遊びをしている少年ら3人が、

大きな蛙を網ですくって大騒ぎしていたのも、

あ~、こういう経験って、貴重だよなぁと思ったことだった。

懐かしい故郷のあぜ道を、蛙をびっくりさせ、

追っ払いながら走った梅雨空を思い出す。

蛙に追っかけられる夢なんか見て…。

それでも、なぜか、蛙が好き。