読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

編み物

昼間、車を運転していて、

あまりの暑さに、やっぱり編み物は早いか…と思ったが、

どうしても、手編みで作りたいものが出来たので、

夕食後、始めたところ。

 

毎年、編み物シーズンが到来して、

編み始めると、なんだか、指が、久しぶりに触れる毛糸に、

ちょっと照れているというか、恥かしがっているというか…

するすると糸が流れてくれなくて困る。

おまけに、視力も年々衰えていき、

ピントの合わない指先に、この編み目はそろっているのか?と、

不安なまま編み続ける。

自分用に編んでいるので、ちょっとのふぞろいは気にしない。

 

一気に編み上げたいところだけれど、

三角のストールを、尖がりから編んでいくと、

徐々に一段の網目が増えて行き、

まだ、半分の段数なのに、一段編むのに時間のかかることかかること。

 

かぎの模様編み、編み図からも指先からも目が離せない。

そして、目は離していないけれども、

よく見えていないという情けなさ。

しかし、その、よく見えないという状況も、

なんか慣れてきたら、ちゃんと編めるという。

昔取った杵柄ですわな。

 

編み物を教えてくれた、おばあちゃま、ありがとうございます。

あの、初めて編んだマフラーで使ったかぎ針で、

ショールを編んでおりますよ。

編み終わったら、いちじくお供えしに帰ろうっと。