読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

何度も繰り返す

もう、いい加減、何度も何度も同じ間違いを繰り返しているので、

そろそろ学び取れよ…と、情けなく思う。

 

大勢の中にいるとき、虚無を感じ始めたのは、

小学校の6年生くらいの頃ではないかと思う。

例えば誰もいない、何もないようなのっぱらの中にいるとき、

恐怖は感じても、寂しさは感じたことがない。

だが、何人もの人たちの中に自分がいるとき、

その人たちとの間に、見えない、分厚い壁があるように感じ、

時々、寂しく思う。

かといって、その人たちの中に紛れるとか、一緒に騒ぐとかすると、

かえって、寂しさややり切れなさは増すのである。

 

21歳の時に出した自分なりの結論。

人間は独りきりで生まれて、死んでいくのも独りだ。

何かを考える時に、誰かと思いを共有することは出来ない。

だから、誰かと理解し合うことはないのだ。

 

己のこともよく理解できないのに、

他人の事なんか、理解できるはずもない。

喜怒哀楽も、全く同じ感情を共有することはない。

だから、人間は独りなのだ。

だれもが、唯一無二である。

 

それなのに、誰かに理解してもらえそうだとか、

あの人はこの気持ちが解るだろうとか、

ときどき、錯覚をし、一人で勝手に期待して

そして、そうでない事実に直面して、勝手にダメージを受ける。

初めから、やめとけばいいのに。

100%の理解などあり得ないとわかっているのに。

何度も、何度も同じ間違いを繰り返すバカ。

あぁ、本当に私、バカだなぁ。

ほんと・・・ウケル。

 

誰かに理解して欲しいではダメなんだ、きっと。

それは、欲なのだ。

 

やっぱり、人間は独りなのである。

そう、高野さんが『二十歳の原点』で日記に綴っているように、

人間は独りなのである。

それに負けずに生きぬかねばならない。

私は、高野さんのように、独りの自分に追いこまれ

死を選ぶことはしない。

逆に、独りの自分を追い込むか、独りの自分を楽しむ。

 

自然の中にいたら、寂しいと思うことがないのは、

どういうことなんだろうかと思う。

その一部として、受け入れられているからのようにも思えるし、

人間は、異質なものを知らず知らずのうちに拒否するような

生き物になったのだろう。

このベクトルで人間が進化(退化?)していった場合、

恐らく、自然にも受け入れてもらえなくなるかもしれない。

そのときは、どこででも、寂しさをひしと感じるしかない。

 

うん、もうそろそろ、間違いに気づかなきゃ。

誰かを変えようとすることも、

誰かのために、変わろうとすることも、

誰かと同じ思いを共有しようとすることも、

誰かの気持ちを理解しようとすることも、

独りで物を考える生物には、

100%を期待するのは、無駄な話なのだってこと。

 

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41gIJc6xnKL._SX332_BO1,204,203,200_.jpg

私の、青春時代のバイブルであった本。

もちろん、今もこの本に影響を受けている。

中学時代の担任の先生に貰った本だが、

独りで考えること、独りで生きぬくことを諦めないように、

先生は、そう言いたかったのかなぁとよく思う。

独り…それは、とても強さを必要とする魅力的な生き方だ。

この本は、これから先もずっと、死ぬまで

私のバイブルであるような気がする。