読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

ゆめかうつつか

車で実家へ行った。

両親にショールと帽子を渡して、

しばし、姪っ子たちと遊んで、夕方帰ってきた。

 

帰る度に、両親が少しずつ歳をとっているように感じられるが、

今日は、二人ともかなり元気な様子で安心した。

 

が・・・。

帰りしな、父がちょっと うむ???その記憶はどこから?

というようなことを言いだした。

「○○ちゃん(私の事)が事故を起こしてから、

運転するのを控えていると言っていたけど…」

のようなこと。

えーっと…私が事故を起こしたのは23歳の時でしたので、

そうですなぁ…もう、25年前のことになりますかな?

結婚する前の事である。

 

「夢でも見たっちゃろう」と、母が言った。

そうだねぇ。

私が運転を控えて、S氏に運転を任せているというのは、

結婚して22年、そりゃ、私の体調が悪い時くらいで、

どちらかというと、私のほうが運転している時間が多いね。

 

虫の知らせかも知れないと思い、

安全運転するから心配せんで、と帰ってきたが、

ずっと、車を見送っているのを、バックミラーで見てしまった。

 

父の記憶の中に、というか、意識の中に、

私の運転=危ないなぁというのが、あるのかもしれない。

それとも、誰か別の人のことと、記憶がごっちゃになっているとか?

とにかく、父が、それを口に出したことが、

ちょっぴりショックだったし、

気を付けて運転しなきゃいけないと、気が引き締まりもしたし、

それから、なにより、その記憶は何なのだろう?

と、不思議な気持ちにもなった。

 

父が、歳をとったからと思いたくないので、

気を付けろってことなのだろうと心に留めておこう。

 

なんにせよ、今日は、帽子をとても喜んでくれて、

あったかい昼間にニット帽をずっとかぶってくれていたので、

とても嬉しい里帰りであった。

 

あ、おばあちゃまへのいちじくを忘れてた…(涙)