読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

結局は趣味になるのか?

結局、図書館にはいかずじまい。

用事があるのは、お隣の建物だったので。

2時間の会議は大変神経を使って、疲れてしまった。

人にものを伝える、尋ねることは、

なんと難しいことだろうか。

 

 

気になる本、読みたい本がある。

あなたならどうする?

 

お財布に余裕があれば、買いもするだろうが、

私はまず、図書館にあるかどうかを調べる。

最寄りの市民図書館になければ、

県立図書館の横断検索をして、

近場の図書館で借りることができるかチェック。

それを、市民図書館にリクエストすると、

その近場から相互貸借で、準備してもらえる。

けれども、新刊とかだと、結構新しく図書館に入れてもらえたりする。

それって、何だか、凄く無駄をしているような気になる。

いや、沢山借りて欲しい本とか、

大勢の人が、借りるだろうと思われる本ならいいのだ。

ただ、私がちょっと気になった本で、

それが、一般的に借りる人はあまりいないだろうっていうような本だと、

市税を使って購入なんかされたひにゃ、

申し訳なくって、次のリクエストが怖くなる。

一言、「○○図書館にあるみたいなんですけど」と、

伝えることが出来ればいいんだろうけどね。

本当ならば、自分で買って、

作者に次もいい作品を書いてもらうというのが、

正しいのかもしれないけれど。

本を好き勝手買うような経済的余裕はないから、

やっぱり図書館は頼みの綱である。

 

本を共有するのは、結構難しいと私は考える。

物としての本でなく、その本の内容の共有は特に。

本のことを、「読みたい」と思わせるように紹介することも、大変難しい。

よく知った人にですら、なかなかお勧めはできない。

読書というのは、本と、自分の内面との対話である。

私が心から良いと思ったとしても、

別の人間からしたら、「つまらん」ってことになる可能性は大。

結局、読書は、個人の楽しみであり、趣味ってことになるのだろうか。

 

この頃、私はオーケストラの演奏をテレビで頻繁に聴いている。

 

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41TDV5F9HKL._SX361_BO1,204,203,200_.jpghttp://ecx.images-amazon.com/images/I/41tH2tReImL._SX375_BO1,204,203,200_.jpg

この絵本のことを思い出す。

左はすえもりブックス。こちらで先に知った。今は絶版。

右は、なかがわちひろさんの新訳で、あすなろ書房から出た。

 

ひとつの交響曲や、協奏曲などを、

大勢の仲間と共になって、作り上げる。

オーケストラなんていうのは、そういう物だと思うのだけれど、

105人(編成は様々だろうが)いて、

それぞれ、別々の人間の集まりで、

皆が同じ解釈というのは、難しいと思うけれども、

それを引っ張っていく指揮者という存在があり、

一つにまとまっていく。

 

書物により、そういうひとまとまりになることは、大変難しいと思う。

それは、なぜだろう??

オーケストラは、その曲を個々が表現する。

そして、個々が魂みたいなものを一つにしてこそ、

素晴らしい演奏になるのだと思う。

書を読むということは、表現ということではない。

自分の頭・心で読んでいくもので、外には出さないように思う。

 

けれども、実際はどうなのだろう。

結局は趣味、と思ってもいるが、

実は、読むことで、自分の考え方だの行動だのが、

変わってくるということはよくある。

同じ書を読んで、共感した人たちの人生は、どこかで

共鳴し合うものがあるんじゃなかろうか?と思っている。

 

だから、単なる趣味とは、言いきれないと思うんだよなぁ。

だれか、この辺りが大切な一冊だという人と、

話してみたいなぁと思ったりする。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51CX1MR48ML._SX327_BO1,204,203,200_.jpg http://ecx.images-amazon.com/images/I/51qwG6UjZYL._SX357_BO1,204,203,200_.jpg http://ecx.images-amazon.com/images/I/51bEcoS2qQL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg

人見知りの私であるが、

初対面でも、なんだか懐かしいお友達のように

語り合える気がする。

そしてそれは、ただ単に、同じ趣味の人とは、

わけが違うように思うのだ。

読書によって、生き方に影響が出ることが、

1つの表現になっているようにも思う。