読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

編み上がり

NHK杯を見ることは、もう、ないかも・・・

と思っていたけれど、やっぱり見ちゃった。

真央つぁんの♪蝶々夫人♪見たさに。

そして、宮原さんのスケートに、惹かれた。

私、あまり、女子シングルを夢中で見るなんてことは

なかったのだけれど。

宮原さんのショートも、フリーも、エキシビションも全部見た。

あとは、ジャンプの高さがもちっと高いといいなぁ

ぐらいで、流麗なスケーティングと、

昔見た時は、淡々と滑りすぎだろうと思っていたのが、

ベロンと一皮むけた感があって、凄くいい表情で

見ていて気持ち良かった。

中野友加里ちゃんのスケートが好きだった私。

情熱的な赤が、ちょっとだけ被る。

宮原さんがトリプルアクセル跳んだらなぁ~と、夢を見る。

 

気分がとってもいいので、昨日出来上がった靴下の写真をUP。

 

黄色い毛糸は、メーカーも名前もわからない。

生きていたら、もうすぐ113歳の、私の祖母が

残していた毛糸を、私の母がとっておいてくれたもので、

合太程度の太さの毛糸だ。

もう、ずいぶん昔のものだと思うのだが、

この色を、小学校2年生くらいの時、

姉妹おそろいのVネックのチョッキを祖母が編んでくれて、

当時3,4歳くらいの妹のチョッキだけ、

うさぎの刺繍がされていたような気がする。

その刺繍の一部に、この毛糸のような色が

あったような記憶がある。

記憶の通りであれば、もう、40年ほど昔の毛糸ということになる。

結構強いもんだなぁ。

撚りのあまい、手触りがよく、

ベビーちゃんに良さそうな優しい毛糸。

今回は、自分用に編んでみた。

f:id:yomyomtommy:20151129215915j:plain

本のTの作り方、そのままアレンジなしで。

縄編みは、大変ではなかったのだが、

かけ目を忘れることが多く、解いて編み直したりが続いた。

よーくみたら、あ、ここ違う、ここも…っていうのが、

この写真でも、わかる人にはわかるであろう。

 

集中して編んでいても、なかなか編み図が頭になかなか入ってこなくて、

結局、最後の最後まで編み図とにらめっこであった。

でも、編み図を初めて見た時は、大変そうと思ったけど、

やっぱりこういうのは繰り返しなので、

2,3模様繰り返して考えて編み、

自分が編んだところを見かえしたりすれば、

どう編むのかは、一目瞭然と言えばそうなのだけど。

やっぱり、あたまも衰えてが始まっているのかもしれない。

足の骨同様。

 

折角なので、これより先に編んだ靴下もUP。

こちらは、合い太〈白とグレーのグラデーション)と

中細(緑)の二本どりで編んだ。

本のGの作品。

f:id:yomyomtommy:20151129215922j:plain

F~Iは、サイズ違いで、ファミリー分全部揃うという

優しいテキストである。

私はふくらはぎが太いので、

靴下を上の方まで上げるのが好きじゃない。

それで、本当は、ひし形が3つくるかかとから上の部分を、

ひし形2つで止めた。

この靴下、なんと、湿布の上からはいて、

固定装具をつけるのに、丁度いいのである。

外に出かけるときは、旦那のなんちゃってクロックスサンダルしか履けないので、

この週末は、この靴下が大変役に立った。

片方しか写っていないのは、もう片方が、

私の折れた足がすでに履いているから。

 

 

靴下は昨日編み上がったので、今日は、

トランスパレントで、クリスマスのおはなし会用に

飾りをいろいろと作った。

その写真はまた…。

(写真、撮るの苦手なんで)

 

クリスマスまでは、4つほど冬のおはなし会があり、

いろいろ忙しいのだが、

今年最後になるであろうちっちゃい子へのおはなし会は、

透けて美しいスターを飾り、それを4分の1にして作る

ツリーのオーナメントにして、

プレゼントしたいなぁと考えている。

 

今更ではあるが、こういったことをカテゴリーわけしようと思い立ち、

「てしごと」カテゴリーを追加した。

ちまちましたことが結構好きなので、

老眼がすすんできたことがちょっと辛い、今日この頃である。