読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

加湿器

わたしんちの居間には、S氏の水槽がテレビの横にドンと置いてある。

90センチ幅の水槽で、熱帯魚を飼っている。

カージナルテトラみたいな小さい熱帯魚が数種と、

3センチほどのエビやザリガニとか、石巻貝とか。

 

この水槽の水の減り方、冬には結構な勢いで減っていく。

上から水が落ちてくるタイプなので、水面が下がっていくと、

チャパチャパ言い出す。

テレビの音が、聴き取りにくくなるほどに。

 

こいつのおかげで、我が家はいつも湿度が高い。結露も酷い。

暖房もしていないのに、

我が家だけ、結露した水が通路に流れていることもある。

こんな家だから、加湿器など、必要ない。

出来たら除湿したいくらい。

今年は暖かいので、まだ暖房も必要ないし、

台所の奥の窓は、ずーっと5センチ程開けたままである。

インフルエンザ菌は、我が家を拒むだろう。

 

これで、エアコンでもつければ、ちょっとは乾燥するのだろうが、

エアコンのない北側の部屋と、角っこの部屋は、カビが大変なことに。

今日は、クロスのカビを何とかしようと思っていたのに、

外はまとまった雨が降っている。

やっぱり、乾燥した日にやった方がいいんだろうなぁ。

とりあえず、クロスの拭き掃除だけやっておこう。

扇風機の風でもあてて。

 

水槽の水が減ってきたら、

20リットルの容器にカルキ貫した水を用意し、

ザバーッと加えるのだが、結構重い。

減りだしたら、少しずつ足してあげればいいのだろうが、

最近、これが私の役目になっている。

テレビで、好きな番組見るのに、チャパチャパ♪が邪魔するから。

クラシック音楽館を聴くのにも、邪魔されるし、

オイコノミアとか漫才番組で言葉が聞き取れないなんて

悲しすぎる。

だから、被害を一番感じている私に水を足す役目が回ってくるのである。

90センチで奥行きが35センチということは、

1センチ水面を上昇させるのに、

3リットルちょっとの水がいるということで、

20リットルの容器の水を入れた所で、7センチも上昇しないのだ。

 

って、この水槽、高さが45センチもあるのだが、

上から5センチ程は開けておくとしても、

125リットルを超える水が入っているということか。

お、恐ろしい。

うちの風呂に溜めている湯量が160リットル(少な目)なので、

それより一回り小さい浴槽一杯ってことになるじゃないか。

 

水槽が乗っかっているアイリスオーヤマさんの金属ラックは、

何キロまで耐えられるの?

というか、床は大丈夫なの?

金属ラックの点検を、S氏に頼もうと思う。

 

昔、地震で震度3だった時、

まだ45センチの水槽だったが、それでも、ばっしゃばっしゃと溢れて、

バスタオル6枚ほど使って、慌てて拭いたということもあったっけ。

ベランダに置いてある、昔の45センチ水槽に

戻してくれんかなぁ~と思ったりもする。

いつまで熱帯魚飼うのかなぁ。

ま、気持ちが落ち着くから、嫌いじゃないけど。