読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

つまらない

一昨日、昨日とテレビ朝日で高橋君を観た。

グランプリシリーズも全日本選手権
高橋君がいないことはわかっていたし、
2008−09年のように、怪我をしていない
という状況でもなく、
まぁ、引退しちゃったから、しかたない、
と、気持ちも落ち着いてきたような気がしている。

しかし、徹子さんが
いないとつまらないと言った言葉には、
全くもって、私も同意します!
もちろん、他の選手の演技も楽しんではいるけど、
最後まで見て、あれ、あれ?
と、自分の心の盛り上がりが、少々欠けている事に
気付くのである。

それは、まぁ、仕方がない。

どれだけ繰り返し見たかわからない演技というのが、
高橋くんの演技だから。
面白かったなぁ…。

凄い!!という思い出しかない全日本の道化師を、
中居君の番組は、笑いのネタにしていたが、
あの演技を、そういうネタにして欲しくはない。
あの道化師が、世界中の人に見てもらえなくて
残念だったなぁっていう、感動の演技だったのになぁ。

そういえば、トマーシュの「勇名トラ」もネタにされていた。
確かに、あれは、ネタになってはいたし、
あれのおかげで、トラと言われていたトマーシュ。
でも、「勇名」って日本語はちゃんとあるし、
漢字で虎にしなかったのは、ご愛嬌なのだし、
グリーンディスティニーの曲に、
あの衣装は間違いじゃなかったろうよ。
2007年の世界選手権の後の、
あれのおかげで、トマーシュのファンは更に増えたし。

と、目くじら立てることもないのだろうが、
真剣に応援していたファンにとっては、
馬鹿にされているみたいで、なんか悲しくなってしまった。

だから、余計に、徹子さんの言葉はしみたなぁ。
そして、フィギュアスケートをやっていなかったら
の答えにも、あぁ、やっぱり根っからスケーターだなぁと
とても、嬉しく泣けてきたのであった。

高橋くんの新しい公式サイトのトップをながめ、
まだまだ彼は、魅せてくれそうな気がする。

今は、スイスか。
沢山のお客さんを楽しませてあげて下さい。
そして、願わくば…有料放送でもいいから
放送がありますように。
改めて、高橋大輔のスケートが大好きだぁ。