読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

へその緒は切っても

読書の記録

『シズコさん』を読んでいる。

一箱古本市で二年ほど前に購入した文庫。

以前、娘が面白く読んだと、言っていたから、再読している。

 

佐野洋子さんと、そのお母さんのシズコさんの関係は、

母子という縁を切った方が幸せなような気もするし、

いがみ合い、憎み合っても、母子であることに

変わりはないということを実感する。

 

私自身、母の娘であり、娘の母であり、

その間にある感情というものは、ただただ幸せな母子ではないような気がする。

家族というのは、なかなか複雑な感情が渦巻くものだ。

 

へその緒は簡単に切れるが、縁を切ることは難しい。

何を思って、生きてきたのか、解るようで全く解らない。

解りたくもないような気もするし、

自分のことも解って欲しくないって気もしている。

それでも、一生、母子である。

 

本当は、読書の気分では全然ないのに、

『シズコさん』は、すっと入ってくるから不思議だ。

まだまだ、読書の気分になれずにいる。

眼が活字の上を滑っていく。

自分の頭の中が整理されておらず、落ち着かない状態であることを、

本が教えてくれる。

ただ、『シズコさん』は、なぜだか、深く読めている。