読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

あ~、はまる~

読書の記録

「この髪を抜いてな、この髪を抜いてな、鬘にしようと思うたのじゃ」

 

羅生門というと、老婆のこのセリフを必ず唱える娘。

高校時代、現代国語で習った芥川龍之介

羅生門も有名だが、やっぱり、あの芥川の写真はさぁ、

高校時代、私の憧れであった。

あれで、眼鏡をかけていたら…ますます…である。

 

角川文庫の『羅生門・鼻・芋粥

「煙草と悪魔」は、昔話を思わせる。

芋粥」もそうだし、

夏目漱石の葬式のことを綴った文章も、

なぜか、ニヤッと笑いそうになる。

でも、どうしてか、こう…不安定な心持ちにさせられる。

何だろうなぁ、この感じ。

読みながら、カフカの短編集とかも思い起こさせる。

『イワンのばか』とかも、再度読みたくなってきた。

 

また「手布」は、少し違った趣があり、

胸が締め付けられるような話である。

 

今度、亡くなる前の作品「河童」をじっくり読んでみよう。