読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

捏ねる女

娘、パン・お菓子作りには、

やってみたいという気持ちが湧くようである。

それは、恐らく、そのやってみるの先にある、

食べたいに繋がっているからであろう。

しかし、何にせよ、何かをやってみようって思う気持ちは

大切なことだ。

冷え性だった彼女が、なぜか、手があったかくなったのも、

パン捏ね向きではないかと思う。

 

今日は、ななつ星が見られるかも!と、

時間を合わせて買い物に出かけたが、

見るにはやはり、時間を合わせて待ち伏せなければならないのだろう。

田んぼのあぜ道で三脚を立てている撮り鉄おじさんたちのように。

今日は、娘と、失敗したな…と、買い物から帰り、

気持ちを改めて、パン生地を捏ねる。

(最近捏ねるのは、もっぱら娘)

今日は、むかーし私が買っていた、レタスクラブのお菓子作り

臨時増刊号に載っていたお菓子を作った。

パン生地に、刻んだチョコとアーモンドを巻き込んだ

フライパンで焼くお菓子。

結局、娘が全部作り上げた。

大変、美味しく焼き上がった。

もう少し、きつく巻いても良かったかな、という反省点を残し、

次回の課題だの~と、頬張る娘。むしゃむしゃ~。

 

今日のパン生地は、バターの量がいつもより多目で、

捏ねるのに苦労していたようだが、

本当に、パン捏ねは気分が良くなるようで、

今日は午後、本を読んだり、弟との会話が弾んだり、ゲームをしたりと、

「疲れた」「眠たい」という言葉を発しない時間が過ぎている。

 

台所に立つことは、彼女には、とても良いリハビリのようである。

「失敗しても大丈夫よ」「上手やね~」って、

小さい時にかけてやることが出来なかった言葉を、

今、何度も口している自分にも、相当なリハビリになっている。

 

一次発酵後、ぷわっと膨れたパン生地を見て、

嬉しそうな歓声をあげる娘を見ているだけで、

胸一杯に幸せを感じることができるのである。

なんて、親孝行な娘だろうか!

さらに、美味しいおやつが食べられる、この喜び!