読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

手を動かすとき

てしごと

 早朝目が覚めたので、昨日からの、憂鬱を引きずるまいと、

お手紙をくれた妹に、長いお返事をしたためた。

 

今日は朝から部活の楽器と共に息子を送り、

そのまま娘の病院へ。

今日は、2週間ぶりの診察の日。

診察時間前に呼ばれた娘、

しばらく先生と話したのち薬を受け取って帰る。

再び車に乗りこんだのは9時ほんの少し過ぎだった。

時間前から診ていただき、先生に感謝。

 

娘の希望で、近くの書店に行く。

図書館に、新しい雑誌が入っていないことを確認。

娘が探していた雑誌の最新号は、

短編だかショートショートだか、

退院して投稿していた作品の結果発表の号だという。

「あ、名前がある・・・」

ニヤリと、娘。

「どこ?」

「予選通過者の中」

「え?ないやん」

ペンネームやから」

「え?どこ?」

意味深に笑う我が子の名前はない。

予選通過者の数名の中に、そう言えば、高校の文化祭の時に見た

娘のペンネームと一緒の名前が。

それから嬉しそうに、少しだけ残念そうに

「入選せんかったかぁ」

と、笑った。

 

最近は、話が下りてこない、と言っていたが、

少し、自信をもてたのか、今日は昼前から

パチパチパソコンを打つ音がしている。

 

私は、自分のコサージュ作り。

一つは太めのサマーヤーンで爽やかに、

もう一つは、昔アップリケに使っていた刺繍糸を使って

かぎ針で花を編んでみた。

 

刺繍糸で編んだ小さな花モチーフは、

いろんな場所で活躍しそう。

 

娘に編んだペーパーヤーンの帽子に、

グログランリボンを結び、所々縫いとめて完成。

 

いろいろやってみたが、手を動かすときは気分がいい。

何も考えなくていいというより、

もう、どうでも良くなってくる。

うじうじ思い悩んでいるよりも、

こっちの方が、よっぽど創造的で生産的で、

本当に心の健康を保てるってもんだ。

 

明日は朝から、栽培しているミックスレタスの葉を

一緒に収穫しようと計画している。

 

手を動かすとき、とても自由で開放的な気分。

老眼で見えづらい針孔や毛糸の編み目も、

老眼鏡かけてへっちゃらさ~♪

出来上がったコサージュがちょっとばかし

不恰好だって、構わないさ~♪

 

そう言えば、手を動かしている意識はないけれども、

読書の時も、自由で開放的な気分になることが結構ある。

自分の気持ちが思い通りに、また、逆に思わぬ方向に

あっち揺さぶられこっち揺さぶられする時間。

頭の中でなら、どう想像することも、

何に意識を持っていっても、

誰にも迷惑かけないし、何に制限されることもないからか。

そして、ふと我に返ったとき、行ったことのない場所、

あったことのない人…

そんなものが感じられた記憶だけは残っている。