読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

久しぶりのパターン写し

今日は午前中、10キロ以内にある隣町の図書館へ。

書籍の貸し出しOKだったので、図書カードを作ってもらった。

おお~、また、図書カードが増えてしもうた。

娘が希望していた本も借りることができて良かった!

 

わたしは、これはいい!と思う本を見つけてきた。

同じパターンを使って、少しずつアレンジという本で、

複雑ではないから、すいすい縫えそう。

 

私が欲していたのは、伸縮性のないタイプの布で作る

タンクトップ風のノースリーブブラウスなので、

襟なしのノースリーブシャツの型紙をアレンジした

あれこれを寄せ集めて、自分流のアレンジ。

首元が空きすぎず、いいわ~と思ったが、

自分には少し小さいのかもしれない。

なので、後ろを開けて、一つボタンをつけることに。

そういうスタイルのワンピースが載っていたので、

襟元のみ、そのワンピースの部分を採用!

あと、あまりひらひらしなくていいから、

裾を広げるのもやめにした。

 

久しぶりにパターンを写しながら、

10年くらい前まで、あれこれ写しためてきた

パターンさんたちは、どこにいったんかなぁ?と

記憶の整理をしている。

私は、昔からはやりのスタイルに興味がなかったことと、

服はオーソドックスな形が一番好き(特にシャツ!)なので、

今でも使えるはずなんだがなぁ。

 

とにかくまずは一着作らねばならないが、

今日は、計画を立てたことと、型紙づくりで終わり。

なにしろ、洋服を縫うのは、大変久しぶり。

接着芯をどこに片付けているか、わからないので

道具をそろえるところから入らねばならない。

使う道具を一か所にまとめるって、とても大事。

必要なものを、籠にまとめておくといい。

後、いらないものは近づけないっていうのも、

スムーズに作業が運ぶ秘訣。

昔、家庭科のときに、パジャマ作成で

そういうことをやったことを思い出した。

微分積分などは、対して暮らしに役立ってないが、

家庭科とか科学の教科というのは、日々生活の中で

使う知識や技術を教えてもらっていたのである。

国数英も、大事だろうけれど、

生活力を身に着けるような勉強も、ほんと大事だわ~。

なにせ、できたら楽しいし~♪

ま、家で身に着けようと思ったら、できるのだろうけど。

 

はっ?!私は、娘に身につけさせてあげられなかったなぁ…(反省)