読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

この傘を?!

例年より1日早く梅雨入りだそうである。

九州全域どころか、東海地方まで梅雨入りしたのだとか。

 

今日は、仕事。

いつものごとく、集中力のなさにより、

帰宅途中、へまをやらかしたことに気づく。

(へまをやらかした!ではなく、やらかしたような気がしただけ

かもしれないが、95%の確率で疑わしい)

大好きな梅雨であるというのに、嘆かわしい…。

 

帰り着いたら玄関に、なぜかびっしょり濡れた

私のベージュの日傘(雨傘兼用)が置いてあった。

娘が使ったのか?なぜこれを?

と思って、尋ねたら、知らないという。

 

すると、今日、昼前から友達と出かけると言っていた息子が

部屋から、「それ、オレ~」と答えた。

なぜ…この傘を?!

自分の普通の雨傘使えばいいじゃん(謎)

 

どうやら、折り畳み傘で行きたかったらしい。

時々貸すことのある、私の深緑の折り畳み傘がなかったので、

仕方なく、フリフリのついた、ベージュの日傘を持って行ったらしい。

持って行っただけでなく、結構な雨にあったので、

さして帰ってきたらしい。ぷぷぷっ!

おばばのかさを、さすかね、高校男子が?!

と、吹き出しそうになったが、深緑は急な雨のとき様に

私が職場に置いているので、申し訳なく思う。

「おかんの日傘の持ち手んとこ、きもい」

などとのたまわる。

それなら、普通の自分のかさを持っていけばよかったろうに。

ショッピングモールの中の楽器店に行くのに、

普通の傘を持って歩きたくなかったのだそうな。

しかし、あの日傘を持っているのも、相当目立ったやろ。

 

梅雨入りの今日、息子に折り畳み傘を買ってやろうと決心した次第。