読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

明日、図書館へ行こう!

明日は、久しぶりに最寄り図書館が開館する日。

2週間近く特別整理期間だったので、利用できなかったのだ。

 

この2週間の間に、平野啓一郎熱が下がるかと思ったら、

平野啓一郎氏の著書など、いろいろ読んでいくうちに、

古井由吉氏の小説、他、いろいろ読みたくなった。

『マチネの終わりに』の主要参考文献の一つ『詩への小路』はもちろん、

藤沢周氏がテレビで紹介していたおすすめの『辻』も!

 

と・・・あれれ?

図書館のHPにログインできない。

去年の特別整理期間後も、パスワードの初期化かなにかで、

ログインできないってことがあったっけ。

とりあえず、仕方なく、読みたい本を検索してみた。

ががーーーん!

『詩への小路』も『辻』もない・・・。

『「生命力」の行方』から、これも!と思っていた

古井由吉自選作品二』もない。

『水』があるようだから、これを借りてこようかな。

 

とにかく、明日開館するから、リクエストする本も忘れないようにしなきゃ。

又吉直樹氏『夜を乗り越える』も、ぜひ読みたいし。

 

もう一冊気になる本があり、こちらは貸し出し中だったので予約済み。

 

昨日の夜、『「生命力」の行方 変わりゆく世界と分人主義』を

再読していたのだが、古井由吉氏の

「呆然とする時期がたっぷりあったほうがいい。

ところが今はそういう暇(いとま)を与えない世の中でしょ」

という言葉が、以前ゴロウデラックスで聞いた、

あの、優しげなおじいちゃんのお話をする声とは別の、

きっぱりと批判的に聞こえる厳しい声が響いたような気がした。

「日本語は命令法の語法が衰退してしまった」

って言葉もね。

そうそう、そうなんですよ!と、思わず大きく何度も頷きたくなる。

ゆっくり、じっくりと、古井氏の作品を味わうことができるならば、

まだまだ私にもゆとりがあるってことだな。

ある意味、自分を試す読書となるかもしれないが。

 

読みたい本がありすぎて困る。

長生きしたとしても…

人生で読める本なんて、ほんのちょっぴり。

それに、読みたい!と思ったときに、出会えるかどうかというのは、

大変重要な問題である。

自分の中で、読みたい!という気持ちをあたため、あたため…

その最高潮のときに出会えるってことが、余計に読書熱を上げるのだ。

 

明日、そういう本との出会いがありますように。