読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

土日のうちに梅酒用の梅を!

と思っていたにもかかわらず、

土曜日は梅を売っていないお店に買い物に行ってしまい、

今日も目覚めた時もちょっと気分がのらなかった。

 

しかし、昨日の夜のうちに、梅酒を別の瓶に移し、

空いた梅酒漬け用の瓶を見ていると、

やっぱり、空いたままの一年はかわいそう。

って、ことで、朝一から買い物に。

 

梅、氷砂糖、1.8リットルのホワイトリカー

おまけに米、牛乳、その他食材もろもろの買い物すると、

まぁ、重い重い。

今日に限って、誰も買い物についてこようとしないし。

 

梅は、隣町産の梅と、熊本産の梅とあって、

熊本産にしようかなと思ったけれども、

あまりに立派な大きさだったので、

ちょっと悩んだ結果、隣町産の梅にした。

帰ってすぐに、梅を洗って、水につけた。

袋から出したら、大変良い香りがした。

きっと、いい梅酒ができるであろう。

買いに行って良かったな。

 

今年は熊本が大変な地震災害にみまわれたので、

熊本産の梅を漬けて、ちびちびとのみながら、

災害対策を心がける。。。というのもいいなとも考えたりして

同じくらいのお値段だったが、どっちにしようって、

お店の中を回りながら、かごに隣町の梅を入れているにも

かかわらず、なんだか、ちょっと後ろ髪ひかれる思い。

 

そして、もう一度レジに行く前に熊本産を見に行ってみたが、

どうも隣町の方が「私を買ってちょうだい♪」感が強かった。

トマトを買うときは「やっぱり熊本産やろ」と思うが、

同じような感覚で、「梅はやっぱり福岡やね」と思うのだろう。

福岡の県花が梅というだけで、(これは太宰府天満宮のせいか?)

収穫量などは一切無視のこの感覚はよくないけど。

 

ま、なんにせよ、梅とのいい出会いがあったので、

今年も梅酒をつけることができたのであった。

来年の解禁日までじっくり面倒を見ていかねば。

氷砂糖が解けた後は、ほとんどほったらかしだけど(笑)