読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

読書日

昨日は、仕事が休みだったので、沢山洗濯物を干して、

買い物に行って、あとは、暑い時間はうだうだした。

ゆうがた、ちょっとだけ雨が降ったので、

少し涼しくなり、『ショパンを嗜む』の残りを

全部読んでしまった。

 

4日目にして、ようやく『葬送』を読み始めた。

第一部に入る前に別れの会前の場面が十数頁あるのは、

今まで何度かチャレンジして、挫折しているからわかってはいた

初めてこの本が出た2002年には、

もう、登場人物の名前が、カタカナで大勢というので、

イメージしきれないというか…

苦手な本だと思い込み(今回も途中でそう思うかもしれないが)

あの、厚さの本が2冊…ということもあって、

「無理やん」とほとんど読み進めることなく、図書館に返却した。

 

今回、『ショパンを嗜む』で、ショパンをめぐる人々が

紹介されていたので、イメージしやすく、

名前とショパンとの関係も情報として入っていたので、

挫折せずに読めそう・・・『ショパンを嗜む』を読みながら、

「はやく『葬送』読みたい!」という気持ちにまでなっている。

 

昨日は第一部に入る前の十数頁だけ読んで、

10年以上の歳月がたち、自分も少しは成長したのかな、と思った。

十数頁の葬儀前の場面が、浮かび上がってくるのを感じた。

その喧噪の中に、自分がいるような感覚。

また、ショパンの死を受けとめることができない

ドラクロワの様子が、とても苦しくて、

自分はまだ、そういう別れを経験したことがないのだが、

ドラクロワになりきってしまって、

彼の代わりに、涙を流すという、これまでにない体験をした。

 

良い読書タイムだったなぁ。

今日も夜になったら、ゆっくりと、『葬送』を読み進めよう。