読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

弱っているのだろう

夜中に、若松英輔氏のツイッターを追って、

「独り」でいることの必要性を感じた今日。

20歳の頃からの、私の人生のテーマである「独り」だが、

ここしばらく、その「独り」が実現できずに弱っている。

 

誰かと一緒に生きているのは当然なのだけれど、

考えているときは、独りだと思っているし、

独りじゃないと、考えることが難しいように思う。

頭の中で考えているときの言葉は信じられるけれど、

ひとたび口から出てきた言葉は、もう、それは、

自分が深いところで考えたことではないような気がする。

建前というか…よく響かせようとしているというか…

そういう自分に気が付いたときに、げんなりする。

 

今日は、中島みゆきの好きな歌をピックアップして聴いた。

聴いていたら、若松氏の言葉とどこか重なっていることに気づいた。

今、自分が欲している言葉をもらった気分。

結局、20歳の頃の自分が得た自分の生きるための言葉は、

何ら変わらないんだなぁと思う。

弱っているからなのだろう。大変、沁みてくる。

あんまり沁みるので、あふれて、泣けて仕方ない。

しかし、まぁ、大声上げて泣ける場所は、今の自分には見つからない。

だけど、みゆきさんの歌で随分、心の汗を流させてもらった。

 

19歳の時、同じ予備校に通っていたⅠちゃんにもらった

中島みゆきの「臨月」と「予感」の録音されたテープを、

大学生の頃はよく聴いた。

もちろん、小学生の頃から中島みゆきの曲はいろいろ知っていたけれど、

アルバムは、この2枚が初めてだった。

 

「予感」の中に入っていた ♪ファイト! は、特別な歌。

サビの 

♪ファイト! 闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう

ファイト! 冷たい水の中を ふるえながらのぼってゆけ   

のところはもちろん好きだが、19歳の自分に響いたのは、この歌詞。↓

♪私 本当は目撃したんです 昨日電車の駅 階段で

転がり落ちた子供と つきとばした女の薄笑い

私 驚いてしまって 助けもせず叫びもしなかった

ただ怖くて逃げました 私の敵は 私です

そして、30年たった今でも、やっぱり、この部分は響く。

責められているような気にもなる。

♪ファイト! は、途中の歌詞に、九州の言葉だなという部分もあり、

いろいろ引っ掛る要素が満載で、

この曲が自分にいろいろ考えさせてくれたから、ずっと好きな歌なのだろう。

 

自分の持っているCDを聴いていたら、そういえば…と

中島みゆきの歌の中でも、自分の好きな歌をあれこれ思い出した。

それで、聴いてみた曲はこういった曲。↓

♪時代 ♪誕生 ♪糸 ♪命の別名 ♪旅人のうた

ヘッドライト・テールライト ♪二隻の舟

 

なにか、大事な選択があって、迷いがある時に

突破口を見出せる気がする曲たち。

すべての人間への、物凄く力強い応援歌たちだと思う。

若い人たちも、聴けばいいんのに~と思っていたら、

18歳のFしゃんは、カラオケ仲間がよく♪ファイト!を歌うらしく、

私が口ずさんでいたら、「お、仕事をもらわれへん、の歌」と言っていた。

やはり、世代を超えて、心に留まる歌のようである。

 

今は、自分の心が弱っているような気がしているが、

私を立ち止まらせ、また、歩きださせてくれる強い味方がいて、

背中を押してくれる。

きっと、数日もすれば、弱った部分は鍛え直されているだろう。

自分にとっての、力の源を与える何かを持っていることも、

生き易くするための一つの方法である。

 

毎日、いろんな人と接するから、

自分の弱い部分や、嫌な部分を引っ張り出されそうになる。

独りでいる時間に、そのことを思い出すと辛い。

そんな時に感じるのは、なぜか、罪悪感に似た感情。

 

きっと、どこかで無理をしているから、弱っているのだろう。

誰かといる自分を好きでいられるかどうかは大事なことだ。

どうも最近、人の言葉に持っていかれそうになる。

何も答えなきゃいいのに、なにかを求められているような気がして

自分の中で、ちゃんと整理できない言葉を発して、

それが、すごく情けない。

沈黙は金を貫けよ、と、自分で自分に言い聞かせる。

人に求められたとして、ホイホイ自分の奥のものを、

それも、熟してもいないものを手渡してしまうのは、

私が思い描いている生き方から遠ざかる。

それはきっと、嫌いな自分を増やすことになりかねない。

 

若松英輔氏の呟きや、中島みゆきさんの歌たちが、

やけに響いてきたのも、自分に必要な薬ってことに違いない。

「しっかりせんかい!」と、応援してくれる言葉たち。

誰に、というわけでなく、万人に送られるエールに、

彼、彼女の厳しさ、優しさを感じる。これこそ、愛。

大きな愛に包まれて、今日も夜更かし。