読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

毛糸の季節

10月に入ってすぐのこと。

ツイッターで、窓辺に

素敵な青系3色の毛糸玉が並んでいる写真を見つけた。

その写真から、気仙沼ニッティングという会社を知る。

2013年の9月に設立された

手編みのセーターやカーディガンを作って売っている会社らしい。

 

その写真から、気仙沼ニッティングさんのツイートに

飛んで、いろんな写真や動画を見て、

編み物熱が上がってきている。

でも、その写真を見たときは、

まだ、30度を超える日が続いているときで、

そういえば、例年は9月に入ったら、夜が涼しくなり、

秋冬物の毛糸を見に行きたくなって、編み棒を持ちたくなっていたけれど、

この暑さはとてもじゃないが、毛糸なんか触ってる場合じゃない

10月に入ったというのにさ!

なんてことを思いながら、素敵なニットの写真を眺めていた。

夏が長いなぁと思い出したのは、いつの頃からか…。

 

昨日の夜、久しぶりに、窓を閉めないと寒いよこりゃ…

ってくらいに気温が下がった。

たぶん、18度を切ったのではなかろうか。

こうなると、がぜん、秋冬物の毛糸を使いたくなる。

この涼しさなら、もう、秋冬物の毛糸が編める!

気仙沼ニッティングさんの編み手さんの

手元を写した写真や、動画、また、ニットを見ていたら、

もう、本当に、手仕事って素敵!編み物って素敵!

という気持ちになって、手芸店に駆け込みたくなった。

 

今年は、久しぶりにS氏にベストを編んであげたいと思っている。

もうすぐ、S氏と結婚して23年になる。

結婚した年から3年連続で、ベストを編んで、プレゼントした。

一着目は並太のツイード毛糸であんだが、

デザインとして仕事に着ていくには、厚くもっさりしていた。

二着目は、S氏のリクエストに応えて、

中細毛糸で軽く、上着を着ても、ゴワゴワしないようなもの。

三着目は、同じくらいの毛糸で、前開きのものという

リクエストに応えた。

そこまで編んで、男性用のベストを、

中細毛糸を使い棒編みで編むことが、どれだけ時間がかかるか・・・

ということを学んだのである。

それ以来、子どものものや、小物ばかりで、

セーターやカーディガンは編んでいない。

 

今年84歳になった父が、20年ほど前、S氏のベストを見て、

エビ茶色のカーディガンが欲しいと毛糸代をくれたので、

急げ急げと、極太毛糸でざっくり編んだら、

重くって体が悲鳴をあげるとかなんとかで、

着てもらえなかったので、持って帰ってきた。

昨年、母の誕生日にストールを編んで持って行ったとき、

あのカーディガンはどうしたか?と母に話しているのを聞き、

うちにあるよというと、持ってきてという。

20年ほど前に重くて着れなかったものを、

84歳になって、身体も小さくなっているのに、

無理だろうと思ったが、まだ綺麗にしていたので渡した。

毛布代わりにでも使ってくれたらいいか…って。

父にも、中細くらいの毛糸で、ベストを編んであげたい。

肩がこらないくらい、軽いベストをね。

 

ただ…スタートするのに、ちょっとだけ躊躇している。

今年は、例年と違って、チョキチョキバリバリの内職を始めたので、

編み始めたとして、今年中に編みあがるはずがないな。。。

という思いが足を引っ張るのである。

それも、2着も、ワンシーズンでできっこない。

 

時間は、どっからかひねり出してくるしかないのだが、

とりあえず、編み始めないことには、出来上がらない。

ってことで、来週、仕事の昼休みに手芸やさんを覗いてこようと思う。