読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

121025

気になる本

今日は読書づいているので、気がつけばいくつも記事更新。
気まぐれな私でござる。

今日気になったのは、こちら。
カレル・チャペック童話全集

この本は…これとは違うのか?
長い長いお医者さんの話 (岩波少年文庫 (002))

少しネットで見ていたら、岩波少年文庫の方は、
チェコ語からの翻訳ではなくて、英語訳のものを
中野好夫氏が訳したものらしい。
そして、青土社のものは、チェコ語の原書を
田才益夫氏が訳したものらしい。
だからなのか?「長い長いお医者さんの話」が
「とってもながーいお医者さんの童話」ってなっている。
うーむ…どんな訳の感じだか読んでみないことには、
わからないのだが、「水男の童話」っていうのは、
やっぱり「かっぱの話」でしょうかねぇ。
訳者の言葉が、自分とフィーリングが合うといいんだが。

岩波少年文庫の方を読んでいた私にとって、
どういう訳になっているかは、かなり気になるところ。
タイトルも、親しんできたものと違うというのは…。

よく行く図書館にも、隣の図書館にもないようなので、
いよいよ、県立図書館のカード作るかな?と考えている。