読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

130928

ぼくは、図書館がすき―漆原宏写真集

三本の金の髪の毛―中・東欧のむかしばなし

非常時のことば 震災の後で

『子どもの本とは何か』(かわさき市民ブックレット)
この四冊。を借りてきた。

読書の秋、だからか?
昨日は子どもたちの多いこと〜。
おはなし会があったからかな?
賑やかすぎて、奥まった所へ移動。
そこで高橋源一郎氏の本を見つける。
本当は『銀河鉄道の彼方に』を早く読みたいのだけれど、
予約待ち状態である。

その数日前に、他に二冊借りていた。
松居直講演録 こども・えほん・おとな (「絵本で子育て」叢書)

図書館に児童室ができた日: アン・キャロル・ムーアのものがたり (児童書)
こちらは、読んで、翌日に返却。
借りたらまとめて返却すればよいのだろうけれど、
足しげく図書館に出向く。
そして、まだ読んでいない本があるのに、
別の本を借りてしまうのである。

明後日より、少しだけまとまったお休みがあるので、
一気に読んでしまいたいところ。