読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

140606

庭にたねをまこう!  15の夏を抱きしめて (STAMP BOOKS)

久しぶりに図書館へ。
二冊だけ借りて帰る。

『庭にたねをまこう!』は、
ジョーン・G・ロビンソン:作 こみやゆう:訳の
『クリスマスってなあに?』とおなじシリーズの絵本。
もう、何度も開いてはいるのだが、
この春買いそびれてしまって…。

YAの分野は、読書ボランティアの活動の範囲によっては、
読む必要は、無いのかもしれないが、
中学校に、読み手・語り手として入るからには、
YA分野、それも、新しめのものは
常に意識をしておくべきなのだろう。
しかし、ライトノベルには、なかなか手が伸びない。
岩波のスタンプブックスのこのお値段は、
中高生が、さっと買える金額だとは思えないのだが。
折角、図書館や図書室で中高生が、無料で読めるのだとしたら、
読んで良かった!と思ってもらえるものを
手渡していければいいよなぁと思うので、
中高生向けの本も読むように心掛けている。

西村由美さんの訳の本は、岩波書店から出ている
物に、とてもいいものが何冊もあるので、
ずっと、早く読まねばと思っていたのだ。

あぁ…TVやパソコンに向かってばっかりだった
この数日間のお休みよ、さようなら。
(両立できないものだろうか…)