読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

五十肩

昨年の春、違和感を感じ始め、

一気に上がらなくなってしまった左肩。

急に動かすとオウッ!と、悶絶するのは、

私より先に酷い五十肩になったS氏で知ってはいたが、

何をそんなに、大げさな…と実は思っていたのが、

笑っていた報いが来たことを悟った4月。

 

秋に入った頃、右肩にも違和感があり、

左が収まりつつあると思ったら右もか…と、

S氏と同じような状態であることを、不思議にも思っていた。

左肩は、初めの頃のような悶絶痛みはないものの、

上がらないことは変わりなかった。

右は、左ほどではなかった。

 

右肩を気にしかけたころ、右足の骨折があり、

骨折に気を取られている間に、右の痛みは治まりつつあり、

やっぱり、左の方がよくない・・・。

と思ったら、ここ二週間の家族のバタバタで

一気に時間が過ぎて行ったことを、今日の午後、

ホッと一息つけたときに、あーあと腕を上げたら、

左腕が上がるではないか…。

あれやこれや、ふりかかっても、一度にあれやこれやは

感じられない、自分の単細胞ぶりに、情けなくも、有難く思う。

やっぱり私、マルチな人間にはなれないのねぇって。

でも、いいんだぁ。

やれることを、一個一個やっつけていけたら。

 

ホッと一息つけたけれども、また、明日から

何やかやがあるのだろうなぁ~と、思いながら洗濯物を取り込んだ。

干した毛布に花粉が付いていないかと、

ばっさばっさやっても、肩はそんなに痛くなかった。

五十になる前に、五十肩を克服できて、よかったなぁ。