読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

本に逃げているわけではない

今、読んでいる

『”ありのまま”の自分に気付く』や、

http://ecx.images-amazon.com/images/I/31-gfEbWQtL._SX301_BO1,204,203,200_.jpg http://ecx.images-amazon.com/images/I/51BcNZxQmIL._SX306_BO1,204,203,200_.jpg

こんな本や、良寛さまに関する本や、

アドラーの心理学や・・・

 

どれも、ここ数年に出会ったものであるが、

今の中高大学生に、ぱらっとでもいいから

手に取って開いてみて欲しいと思う。

 

そういう生き方もありなんだって、

そういう捉え方もありなんだって、

きっと、自分の生き方の選択肢が何倍にも増えると思う。

がんじがらめになっていたものが、ほぐれていく感じがする。

 

これらの本のなかの生き方に、逃げているわけではない。

いろんな本の中に、自分では考え付かないような生き方があって、

それが、選択肢に入ることで、生きることが楽になるってこともある。

若いうちは、がんじがらめで、もがきあがいていることが、

カッコいいとか、一生懸命だとか、

そう思っていてもいいけれど、

気が付かないうちに、自分の精神が痛めつけられて、

生きていけなくなるってことも、あるんだなって、

そういうこと、思い知らされた。

もうすぐ、50になるのに、そういうことに、疎かった私。

心が弱いっていうのではなく、繊細であるというだ。

そして、その繊細っていうのは、良いことでもあるし、

時には、足をひっぱってくることもある。

 

私には、繊細さが欠けているからなぁ。

 

この頃、強く願うということは、恐ろしいことだと感じる。

一日一日、淡々と過ごしていけたらいい。

せかせかしないで、じっくりと。

 

自分がやりたいことと、やらねばならないことが一致している

大学の時に学んだ「自由人」の定義。

あれから30年、ようやく解ってきたような気がする。