読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

ジャガイモをつぶす

今日は、ポテトサラダをリクエストされたので、

ぐらぐら茹でている。

いつもは、レンジでチンするのだけれど、

今日は、ぐらぐらと茹でている。

 

娘と、彼女の卒業証書などを受け取りに行った帰り、

各駅停車の電車に乗る。

何も変わらないようでいて、以前の娘とは違うようにも思う。

でも、以前の娘って、どんなだったっけ?と思うこともある。

また、自分はあの頃と変わったかな…とか思いながら、

実際、あの頃の自分なんて、固まった人格はなかった。

 

台所に立って、私はこうだという、確固たる自分の姿は

無いのだなぁと感じる。

日々、変わっているのだ。

道端の石ころだって、土がついたり、雨や風で洗われたり、

削られたりと、日々、変わっていく。

そして、変わっていくから、面白いのであろう。

そう、娘だって、変わっていく。

彼女はこうである、と、私勝手にが感じていた彼女はいるにしても、

それは、ただ私がそう思っていただけなのかもしれない。

 

ジャガイモをつぶしながら、私のポテトサラダは水分少な目の

ホクホクサラダ…と思っていたが、

別に、いっつも同じようにはかって作った料理などなかったなぁと、

偶然の出来上がりが楽しいし、美味しいのだと思える。

さぁ、もうひと頑張りで夕食タイムである。