読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

オリンピックTV観戦して思うこと

旦那の実家に帰省中、

義父が卓球を楽しんでいるのも手伝って、

みんなで男子の卓球3位決定戦を観戦。

 

3位決定戦は、卓球にそんなに興味を持っていない人にも

その面白さが存分に伝わった試合だったと、

卓球をしない、単なる観戦者の私は思った。

 

水谷選手は、TVで見かけるようになって、

もうずいぶん久しいような気がする。

だけれど、やっぱり、華やかさや、かわいさで

女子はTVなどでもかなり取り上げられるものの、

男子はどうも、扱いが…と思わないでもない。

そうそう、10年位前の、フィギュアスケート

男子シングルのような扱い。

 

でも、今回の銅メダルで、きっと追い風が吹くと思う!

女子だけじゃないぞ~って、そんな風に思う。

卓球の水谷選手の粘り強さには、ほんと凄い!

と、感動させてもらった。

パッと見、やさしそうで、おとなしそうなお兄ちゃんというか、

なんというか、闘争心という言葉は、彼からは想像できない。

しかし、あの、粘り。

なんというか、やっぱり、かっこよさっていうのは、

見かけだけじゃない、その人の内面からにじみ出てくるのだなーと

改めて思う。

失礼を承知で…決して、二枚目顔ではないと思われるが、

卓球している水谷選手は、とってもイケメンである。

 

オリンピックを見ながら思うのだが、

あの場所にいる人たちは、自分が輝ける場所、

自分の力を発揮できる事を、しっかり自分で見つけた人

のような気がする。

そして、その自分の輝ける場所、自分の力を発揮できる場所というのは、

誰にでも、必ずあるはずである。

自分を見つめて、自分に何が出来るのか、

何であれば、打ち込めるのか…そういうことを

見つけられた人は、幸せだなと思う。

オリンピックに出場するような人たちは、

見つけられた人だと思う。

 

その輝く場所というのは、決して、TVやネットで注目されるということ

ばかりではないはずだ。

確かに、TVに出るとか、ネットに取り上げられるという事実は、

数多くの人の目に届き、多くの人に力や勇気を与えるかもしれない。

けれど、人が輝くということは、大勢の人に認められるということ

ばかりではないと私は思う。

 

オリンピックに出場する選手には、彼らなりの働きがあり、

そうでない人には、別の場所で働くことで、

誰かに幸せをもたらすという使命があるはず。

生き方は、数多あり、

一人一人、自分の満足できる行き方を見つけられれば、

それが幸せではなかろうか。

 

水谷選手とサムソノフ選手のラリーを見ながら、

ボールをただ打ち合うことで、人々に感嘆の声を上げさせるなんて、

やっぱり、オリンピアンって凄いなぁ~と思ってしまった。

どちらも、メダルは欲しいはずで、どちらも一生懸命で、

でも、勝ち負けの勝負は決まるわけで、

スポーツのこういう、筋書きないはずなのに、

物凄くドラマティックに見えるところが、

小説とは違った、面白さだなぁと思う。

 

さ、今晩は、錦織君VSマレー選手のテニスを観戦しよう!