読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

近況報告

お~、開けてびっくりした。

前回更新から二週間近く経っているではないか…。

 

相変わらず元気で、日々を楽しんでいる。

 

昨日から、父親の防寒用ベストを編んでいる。

寒くなったと思ったら、昨日、今日は、気温が上がって、

連日小春日和である。

秋らしくなったわ~と思ったけれども、「秋深し」ではない。

だけれども、淡々と編み進めて、11月中には!

いや、無理っぽいからせめて、クリスマス前には父親に届けたい。

 

最近読んだもので、ううむと思ったものは、

もう何度も読んでいるのだけれども『沈黙』村上春樹である。

だいたい、この小冊子に手が伸びるときは、

沈黙 (集団読書テキスト (第2期B112))

 

私の中に、言葉にしたいけど、出てきてくれない

そんなもやもやとか、正義ってなんぞや?という

迷路の中にいる状態のとき。

大沢さんになら、話したいと思えるだろう…

そんな気持ちで『沈黙』を読む。

これを読むと、娘が『アントキノイノチ』に似てるねって

言ったことを思い出す。

娘や息子に、自分なりの正義ってなんぞ?を

考えて欲しくて、買ったこの小冊子。

こういうものを、自分の意志でなく、

親に読めと勧められる子どもたちの気持ちも考えずに、

無責任な母親であったなぁと思う。

 

さて、今週もいつものように、パートの仕事に出て、

毎日チョキチョキバリバリの内職をやって、

適当に家事をして、編み物を少しでも進めたい。

ちなみに、今週はアメトーーークで読書芸人をやるから、

それを楽しみに、毎日頑張るぞ!

予告で見たのだけれど、又吉氏と若林氏の本の並びに

(最近読んだおすすめ本かな?)

『マチネの終わりに』が並んでいた。

モザイクかかってても、わかるもんね。

マチネの終わりに

うん、絶対これだ。

自分では、持っていないけれども、

絶対あれは、『マチネの終わりに』だと、確信している。

 

この、読書芸人の回、

又吉氏、若林氏、光浦氏という、いつものメンバーに

カズレーザー氏が加わって、もう、私にとってはほんと

楽しみでしかない回である。

カズレーザー氏の本のチョイスが、お三方とはちと

かけ離れてそうなところが、楽しみなのである。

ほんっと楽しみだ。

いつも思うけど、こういう読書好きな方たちは、

子どもの頃、どんな本を読んでいたのだろうなぁ。

 

あと…また、しばらく更新しないかもしれないけれど、

ツイッターのほうはだいたい一言はつぶやいているので、

生存確認はこちら↓にて。

inajovi (@ina_tomijovi) | Twitter