読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

蕾が

ベランダ菜園

1月の大雪の時、それまで元気だったゼラニウムちゃんが、

凍えている!と思って、部屋の中に入れたのだが、

気温差にやられたのか、葉っぱが茹ったようになり、

まだ咲いていたのに、蕾もぐにゃり・・・。

まぁ、冬だし…そのうち、元気になるか~

と思ったけれども、2か月、回復の兆しを見せなかった。

とても楽しませてもらったし、多年草だから、

何年も元気で咲いてくれると思っていたのに、残念だなぁと

そのままにしていたら、4月になって、

新しい葉が出てきて、古い枯れた葉っぱを除いたら、

結構元気を取り戻してきた。

 

今日は、久留米の豚汁サイクリングの日。

このイベントで、お土産にゼラニウムちゃんをもらったのである。

お天気もまぁまぁで、開催されるのだろうけれど、

片道20キロは、今の娘には無理。

ということで、今回は見送ることに。

 

朝、ベランダに出てみると、先週蒔いたミックスレタスの芽が

ぞわぞわ出ている。

今週は忙しく、レタスには水をあげていたけれども、

ハイビスカスはどうかな?空いた鉢をどうするかな?

ゼラニウムちゃんは、今年は咲いてくれるかな?

など考えながら、一鉢一鉢見てみたら、

おお!ゼラニウムちゃん、蕾がたくさんついている!

しかも、一番でっかい蕾はそろそろひらこうとしているではないの。

あぁ、良かったぁ。

 

良かれと思って部屋に入れてしまったことで、

ゼラニウムちゃんが茹ったみたいになって、

人間とは余計なことをするものだと思われたろうなぁ~

とごめんなさいをする。

自然に任せて、元気を取り戻すのを待ったのが良かったか。

本当に、いいことと思ってやっているようでも、

裏目に出ることがあるってことを、肝に銘じておかねばね。

これは、子育てにも、人付き合いにも言えることのように思う。

 

そういえば、久留米のサイクリング・・・

恒例の豚汁は、久留米の自衛隊さんが準備して下さっていたが、

現在、久留米の自衛隊さんは、熊本で忙しくされているだろうから、

もしかして、今年はないのかもしれないな。

 

ゼラニウムちゃんの蕾に、

熊本にも、いっぱい希望の蕾が付きますように、

そして、花開きますように、と願をかける。