とみいよむよむにっき

本のこと、ベランダのこと、おはなし会のこと、日常のあれこれ。

20160820

あぁ…先週の土曜日図書館に行ったのだった。 本を借りてきたのだった。 もう、1週間も経とうとしている。 『葬送』も進まぬまま…。 気を取り直して、借りてきた本。 あと、『図書』(岩波書店)の6,7月号。 『図書』は、電車の中で読むのに、ちょうどい…

読了

来月、若松英輔氏が100分de名著に出演されるので楽しみ。 今年1月の100分de名著のテキストを、 昨日電車の中で読了。 内村鑑三の『代表的日本人』の回はなぜだか、 見ていないのである。 1月の私は、別のほうに気持ちが向いていたのだろう。 いつ出…

課題

今日から、Fしゃんは、学校。 進路のための特別指導教室みたいなものがあるらしい。 夏休みの課題は、全部終わっているのだろうか? 7月の中頃、やっていたのは見たけれど、 あの頃、全部終わらせていたのだろうか。 私の夏の課題『葬送』読破は、まだまだ…

弱っているのだろう

夜中に、若松英輔氏のツイッターを追って、 「独り」でいることの必要性を感じた今日。 20歳の頃からの、私の人生のテーマである「独り」だが、 ここしばらく、その「独り」が実現できずに弱っている。 誰かと一緒に生きているのは当然なのだけれど、 考え…

この数日の、私を引っ張る力

盆休みが終わり、水曜、金曜と通勤のお伴は 批評家・随筆家である若松英輔氏が講師 100分de名著のテキスト内村鑑三『代表的日本人』である。 水曜は、第1回の西郷隆盛を読み、 昨日は、第2回の上杉鷹山・二宮尊徳の部分を読んだのだけれど、 胸に響く言葉…

「輝きたくない!」

8月10日の西日本新聞経済電子版に、 「輝きたくない!」ってタイトルのコラム (記者:下村ゆかりさんによる)を読んで、ほほぅ…と思う。 全部読むには登録が必要なので、途中までしか読んでいない。 しかし、400字に満たないほどのその途中までのコラ…

睡眠は大事です

睡眠不足だと、熱中症になりやすいので しっかり眠ってくださいね、と、 娘が病院の薬剤師さんに言われていた。 リオとの時差が、ちょうど半日ってことなので、 日本のオリンピックTV観戦組は、寝不足である。 加えて、この暑さ… 睡眠は大事。 今日から仕事…

オリンピックTV観戦して思うこと

旦那の実家に帰省中、 義父が卓球を楽しんでいるのも手伝って、 みんなで男子の卓球3位決定戦を観戦。 3位決定戦は、卓球にそんなに興味を持っていない人にも その面白さが存分に伝わった試合だったと、 卓球をしない、単なる観戦者の私は思った。 水谷選…

オリンピック

暑い日が続いているけれど、今日は立秋。 残暑・・・というには、暑すぎる。 しかし、朝起きて、ベランダから見た空は、 心なしか、真夏の空とは違うようにも見える。 今日も一日暑そうだけれど、 昨日の夕方雨が降ったからか、ちょっと涼しい。 昼間は暑く…

蝉しぐれ

通勤途中、ビルの横に ケヤキが16本2列に並んだ通りがある。 そのケヤキの下を通るのが、楽しい。 葉が茂っているので、太陽に光をいい感じで遮ってくれる。 雨が降っても、傘に落ちてくるのは、 ケヤキがいったん受け止めた雨だれなので、 傘に当たって…

読書日

昨日は、仕事が休みだったので、沢山洗濯物を干して、 買い物に行って、あとは、暑い時間はうだうだした。 ゆうがた、ちょっとだけ雨が降ったので、 少し涼しくなり、『ショパンを嗜む』の残りを 全部読んでしまった。 4日目にして、ようやく『葬送』を読み…

勝手に決めた

この3冊を、私の2016夏の課題図書に決めた。 午後から、『ショパンを嗜む』を読み始め、 Chap.2の、フランスのお風呂事情を読んでいたら、 無性に入浴したくなったので、 夕方、食事の用意の前に、風呂の湯をため、 のんびりと入浴をした。 そこで、読…

20160730

先日、『葬送』ハードカバー上下巻を中古で買ったので、 夏休みは、じっくり読みたいと思っている。 その下準備として読みたいと思っていた本がある。 その本を借りようと思って、昨日、図書館に行ってきた。 図書館に行って、借りてきた本。 インターネット…

スケジュール帳事情

おはようございます。 朝、夢の途中で目が覚めた。 「物作りは、選択の連続!!」 というようなことを、誰かに力説している夢だった。 この2年間、スケジュール帳は、 無印良品の方眼つきA6サイズのノートを、 マンスリースケジュールにして使っている。 …

共通の趣味を持つと

昨日は、Fしゃんの軽音部、最後の大会だった。 高校三年間ってわけではなく、まだ、 ギターを始めてちょうど一年。 軽音部に入部して、まだ8か月ほどしかならないが、 大会に二度も出場させてもらったのは、 それまで知らなかったであろう、いろんなことを…

「信頼」「好き」の重さ

信頼できる人というときの「信頼」という言葉は、 なんとなーく、良い意味合いを持つ言葉のように思っていた。 私の場合、大抵の言葉を「なんとなーくこういうイメージ」 という風に捉えているという、情けない状況である。 で、「信頼」という言葉に戻るが…

ポケモンGO熱中症なふたり

スマホユーザーではないので、 国内でポケモンGOが配信されたからって、 私の生活には、何の影響もないと思っていた。 しかし・・・。 うちには、ポケモンGOに早くも熱中している 大人が二人いる。 S氏とKちゃん。 高校生のFしゃんは、「そんな時間な…

梅雨明けまして

暑中お見舞い申し上げます。 今日は朝から、日差しが強い。 梅雨明けというと、やったー!洗濯ものがカラッと乾く! と、うれしくなるのであるが、 私は梅雨が好きなので、ちょっと寂しい気持ちにもなる。 また来年ね・・・って。 梅雨明けて、Fしゃんも7…

5555

今日、日が明けてこのブログを見てくださった方、 はてなブログをはじめて5555番目のお客様。 ブログは、2004年あたりに初めて、 わけあって2011年に、はてなダイアリーに移り、 昨年、ここ、はてなブログに移した。 毎日は更新できないし、時にはPC立…

ある作家の作品を追いかける理由

昨日は、少し本を読んだり、ネットを見たりしていた。 ツイートチェックしていて、思ったのだが、 この頃、『マチネの終わりに』関係のツイートをすると、 いいねがついたり、リツイートされたりしていることが増えた。 『マチネの終わりに』が、よく読まれ…

連休中日

昨日、娘が作ったかぼちゃプリンを 今日、S氏と一緒に午後のおやつにいただく。 ほかは、なんてことない一日。 夜は、家族みんなで手巻きずしにしよう!ということで 買い物に行って来た。 昨日、図書館に行ったり、かぼちゃプリンを作ったりと、 昼寝もし…

私の『十五少年漂流記』

以前、自分が子ども時代に持っていた本の表紙を いっぱい張り付けたことがあったっけ。 ポプラ社の世界名作童話全集の中から、 選んで買った本。 私が持っていた『十五少年漂流記』はその中の一冊だった。 これである。 県立図書館にあることは、蔵書検索で…

20160715

今朝はあまりに涼しくて目が覚めた。 2時間ほど内職の仕事をして、 録画していたSWITCHインタビューのを見て、 娘と約束していたので、図書館に行ってきた。 今日は、まだ読み終わっていない『十五少年漂流記』と 『空白を満たしなさい』を延長した。…

たまたま

一昨日の岩波書店の今日の名言は、 『新約聖書 福音館』より、 蛇のように賢く、鳩のように純真であれ。 であった。ん?、これは、最近どこかで目にした記憶が…。 一昨日は、朝からものすごい雨が降った。 雨の日は、電車の中で読む本を持っていくのに躊躇す…

長髪男子に違和感なし

息子の同級生で、私の知人の息子であるT君は、 髪の毛が長い。 私が一番最近見たのは、3月だったが、 髪をのばしている娘よりも長かったように思う。 高校生で校則に縛られずに長髪にできるとは羨ましい とは、うちのFしゃんの言。 男子の長い髪は、珍し…

いつもと違うこと

鶏胸肉をたたいてナゲットを作った。 たたく音、トントン(ダンダン?)はうるさかったけど、 味は家族に好評だった。 献立によくケチをつけるFしゃんにも、 「ウマい!」と、丼飯をおかわり。 お弁当のおかずにも合いそう。 先日、娘がアボカドとミックス…

初!

朝から、投票所に家族4人で行く。 歴史的な初投票になった息子の一票。 娘の時も思ったが、投票所に行くということが、 当たり前のように、一緒に出掛けることができて、 良かったなぁと思う。 まだまだ政治などに、深い関心を持てないにしても、 自分の権…

若いお友達から

七夕の前日は、私の、若いお友達Nさんのお誕生日であった。 本来ならば、お手紙でも書きたいところだったが、 暮れにお手紙をいただいて以来、連絡しないまま、 娘の病気ということになり、 手紙を書くのも、何を書いていいのかわからずにいた。 七夕の日、…

20160703

『夜を乗り越える』に出てきた平野啓一郎氏の本は、 この本だけだった。 この本が連載され始めたころ、ネットで第1章だけ 読んで、続きをぜひ読みたくて、図書館にリクエストしたなぁ。 私が一冊平野氏の本をおすすめするなら、 なんだろうなぁと思いななが…

20160623

パソコンが使えなかったので、今更であるが、 図書館で借りた本。 『夜を乗り越える』は、いろいろと面白く読んだが、 若い人向けかもしれない。 個人的には、『火花』を書くまでの経緯だとか、 裏話は、この本の中には収録は必要だったのだろうか? と、ち…